SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Charlie Murphy: I Will Not Apologize / 日本未公開 (2010) (TV) 707本目

チャーリー・マーフィと言えば、やっぱりエディ・マーフィのお兄ちゃんなのですよ。そのチャーリー・マーフィスタンダップライブの映像。今じゃ「シャペルズ・ショー」のお陰で「チャーリー・マーフィ」として人気だけど。でもそれはアメリカの大多数の白人の若者にとっての人気。このライブ映像でも、やっぱり白人の大学生風の若い人たちが多かった。それにもびっくり。ボーナス映像によれば、ヨーロッパツアーまでして、ヨーロッパ圏内の白人の若者達にもチャーリー・マーフィは人気みたい。結構大きな会場でライブしてました。羨ましいね。日本じゃスタンダップコメディのライブなんて、普通じゃ無理ですものね。言葉の壁で。来ても米軍基地内。もちろん大物は来ない。絶対に日本の英語教育間違ってるよね。ヨーロッパだって多くの国が話す方はダメだと思うんだけど、向こうではライブとか盛んなのよね。

という事で話がずれまくりましたが、チャーリー・マーフィです。黒人の間じゃ、やっぱりエディ・マーフィの兄であって、「CB4 / CB4 (1993)」のガストなんですよ。ジャイアンみたいな町一番のいじめっ子。いじめられっ子のクリス・ロック演じる主役を脅してます。このガスト役が強烈だったのに、その後中々芽は出ず。長ーーーい下積みがありました。エディのお兄ちゃんなのに。でもチャーリーはその下積みを無駄にはしませんでしたよね。リック・ジェームスの暴露を「シャペルズ・ショー」で話して一躍人気に。そうすると、弟のエディもやっとチャーリーを自分の映画で使うようになったんですよね。意外と苦労人よ。ついこの前、若くして奥さんをガンで失ったばかり。でもそれを感じさせない。撮影はもちろんその前なのだけど、今も頑張ってるのですよ。「Frankenhood / 日本未公開 (2009)」のチャーリーは最高。この前の「Our Family Wedding / マイファミリー・ウェディング (2010)」でもチャーリーが出てくると(時だけ?)面白かった。腐らずスタンダップコメディを続けてましたしね。そのせいか、あまりエディの事は話したがらないのかもしれません。このライブでも、弟の話題が出たのは1度だけ。しかも「エディ」とも言わずに。でも仲が悪い訳じゃないですよ、この2人。お兄ちゃんだからね、「俺はエディの上」と思っている筈です。その証拠に「チャーリー・マーフィ」である事を一番楽しんでいるのがこの人だと思いました。あのエディの兄である事、その弟と同じコメディアンである事を楽しんでいるのですよ、この人は。千原兄弟のジュニアとせいじで言えば、せいじなんですよって言えば想像できるかな??

「やんちゃ」という言葉がぴったり。話す事は割りとオーソドックスなネタが多いけれど、やっぱりどれも「チャーリー・マーフィ」調。エディの事は話さないけれど、リック・ジェームスの事は話してくれる。またチャーリーが「さすらいのドッグトレーナー/Dog Whisperer」を見ていて、その話をするのが笑える。こっちとしてはあの番組を見ているチャーリーを想像するだけで笑ってしまうんですけど... ブッシュもジョン・マケインサラ・ペイリンも滅多切り。かかってこいやー!って感じです。さすがジャイアン

感想はこちら

(4点/5点満点中:オレンジジュース飲みながら鑑賞)