SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Jada / 日本未公開 (2008) 684本目


現代のビデオスルー映画の帝王クリフトン・パウエルの監督デビュー作。というか、クリフトン・パウエルという名前だけで顔が浮かんだ人は、そうとう好きですね...貴方。90年代から活躍しており、既に映画出演は50本以上。ドラマ映画ではやはり「Ray / レイ (2004)」のレイ・チャールズのアシスタントをしていたジェフ役。コメディだったら「Next Friday / ネクスト friday (2000)」のピンキーは大傑作でした。実はファンレターを出した事もあるのですが、彼のプロダクション会社からとっても丁寧な手紙も頂きました。それもあって私は彼の虜です。事務所がちゃんとしているのも彼の魅力です。素敵です。なぜかIMDBでは監督としてクレジットされてませんが、映画のクレジットではちゃんとクレジットされております。

映画はロサンジェルスを舞台にしたクリスチャン映画。今はゴスペル映画なんて言われてますね。本当にここ何年かゴスペル映画が多産されております。70年代のブラックスプロイテーション時代にアクション映画が多産されましたが、あれと同じ感じ。もちろんタイラー・ペリーがこのジャンルで成功したから増えた訳です。正直に書きます。タイラー・ペリーの映画は好きです。やっぱりオリジナルという理由もありますが、クリスチャンをもちろん全面的に出しているけれど、くどくない。タイラー・ペリーの映画は人生の喜怒哀楽の中でクリスチャンの信条を問いかける。けれど他の映画はクリスチャンの押し付けが凄いというか、くどいというか... 喜怒哀楽というよりも、怒と哀はキリストを信じていれば...というのがあり過ぎるように、クリスチャンじゃない私は感じるのです。クリスチャンならそれが当たり前なのかもしれないけれど...

という事でタイトルになっているジェイダという主人公の女性の下にこれでもか!という位に悲劇が襲います。裕福な家庭だったのに、夫が交通事故で亡くなる。そうなると今まで積み上げてきた物が一気に崩れ落ちていくのです。しかも夫は酒気帯び運転だったとかで、保険がおりない。いい家も今の状況ではお金にならずに借金となって抵当流れになってしまった。友達だと思っていた人も助けてくれなくて、ホームレスになってしまう。もうティーンエイジャーになっている息子と娘の3人で暑い中、車で寝泊り。教会も助けてくれなかった。しかし、何とか見つけた別の教会が助けてくれることになった。その教会の牧師をクリフトン・パウエルが演じております。そして突然この物語に登場するのが、元地元のギャングメンバーで8年ぶりに出所したロックモンド・ダンバー(今回はプリズン・ブレイクしてない)が演じるサイモン。というのも、ジェイダの年頃の息子のジャマールが引っ越してきて直ぐに地元のギャングメンバーから暴行を受け、受けてたってしまったジャマールはなぜかメンバーになっていた。その事を知ったパウエル扮する牧師が、サイモンにジャマールの面倒を見て欲しいと頼む。サイモンは刑務所に居た時に牧師に世話になって改心しているので、その役をかう。しかし...ですね。見やすいようにというか、クリスチャンへの配慮?でラブロマンスもあり...の。そう上手くいくものですかね... しかしジャマールを演じたジェイソン・ウィーバーは老けませんねー。いつでも高校生役が演じられる。というか、何十年高校生役やってるんだろう??ここ10年ずっと高校生役よ。2000年の「Freedom Song / フリーダム・ソング (2000)」でも高校生だし、「ATL / 日本未公開 (2006)」でもだし、2008年でも高校生。何年留年してるんだ!マイケル・J・フォックスか!って年齢しらべたら、30歳じゃないか!逆に凄いな。っていうか、90年代初め頃にアルバム出してなかった??最後に歌を歌うのだけど、彼だけちゃんと歌ってた。そこは見所。妹役のジェニファー・フリーマンは口パクだったけど。

っていうかね、最後が納得いかないのですよ。クリスチャン映画でね、あれだけクリスチャンの信条を並べておいて、罪を犯した者が罪の裁きを受けない。結局みんなで庇い合いをして、やっぱり罪を犯してない人が法の裁きを受けるんです。というか、演出上誰が犯人かは分からないんですが、あのおじさんが犯人という事は絶対にない。がっかりでしたね。そのオジサンを演じたのが、アート・エバンス。「CB4 / CB4 (1993)」のお父さん役が好きですが、「A Soldier's Story / ソルジャー・ストーリー (1984)」の怖がりが有名かな??

何かしっくりこないんですよね。悪い映画じゃないんですけど。でも妹のジャスミンの役のオープニングのイメージからラストまでのオチの持っていき方は上手かった。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)