SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Alex Cross / バーニング・クロス (2012)

Cast >> Tyler Perry (Dr. Alex Cross), Jean Reno (Leon Mercier), Edward Burns (Tommy Kane), Matthew Fox (Picasso), Cicely Tyson (Nana Mama), Giancarlo Esposito (Daramus Holiday), Carmen Ejogo (Maria Cross) ...
Director >> Rob Cohen
Writer >> James Patterson (novel), Marc Moss, Kerry Williamson
Producer >> Bill Block, Steve Bowen, Randall Emmett, Leopoldo Gout, Paul Hanson, James Patterson
Genre >> Crime
Country >> USA

総合ポイント3.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 3 演出 >> 4 音楽 >> 3

"Your soul is alive in your body. You can't lose that, too."
アレックス・クロス(タイラー・ペリー)は地元デトロイトの警官で、幼馴染のトミー(エドワード・バーンズ)がパートナーだった。そして実業家の女性が残虐に殺された。2人は犯人(マシュー・フォックス)を追うが、もう少しのところで逃してしまい、犯人は仕返しにアレックスとトミーを執拗に追うのだった...

映画化される事で御なじみのジェームス・パターソンの小説の映画化。人気キャラクターで、元々はモーガン・フリーマンが演じていたアレックス・クロスを、今回は監督や制作者として有名なタイラー・ペリーが演じている。というのが、アメリカではキャッチーな所。と、アメリカではタイラー・ペリーは売りになるが、日本では誰?である。モーガン・フリーマンは誰もが知っていても、タイラー・ペリーは知らない。まあ逆にその方がこの映画に入りやすい筈。元々が小説のキャラクターというのもあって、物語自体は悪くない。でもこの手の映画ではありきたりな感じもある。また監督のロブ・コーエンのアクションシーンは面白い筈で、大体は面白かったけれど、たまに画面が非常に揺れるのが気になった。しかも一番大事なシーンでクライマックスだったので、残念。

これがタイラー・ペリー初となった日本のファンは逆にラッキー。いつも見慣れているアメリカの観客には酷。でも監督や制作者よりも、俳優としての方が向いているのかも?とは思った。タイラー・ペリーもマシュー・ペリーもいつもとは全然違うけど、それが良かったのかは謎。

(2/19/13:DVDにて鑑賞)