SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Love Chronicles / 日本未公開 (2003) 631本目

アンサンブルキャストのショートラブストーリー。
あんまり...というか全然期待してなかったんですが...そこそこ面白いです。でもインディペンデンスなのに豪華キャスティングなので、キャストにお金かけた分、映画製作には殆どお金かけてないなって感じ。音声とか編集とか物凄く雑です。途中で撮影を見学している人が見切れてるし。
でもまあ豪華キャスティングと言っても、私みたいなブラックムービー好きには豪華に感じるのかもしれませんが、全然見ない人達にとっては誰?って感じなんでしょうね。まあ、テレンス・ハワード位は「Hustle & Flow / ハッスル&フロウ (2005)」でオスカーにノミネートされたので知ってる方も多いでしょうけど。そのテレンス・ハワードが物語を進行していくラジオDJ役。南カリフォルニアのラジオ局のDJなんですが、音楽ももちろんかけますが、どちらかと言うと恋愛話をしているDJです。うーん、そんなラジオもあるのかもしれませんが...映画で描かれているように人気!というのは無理があるような。南カリフォルニアで誰も(黒人限定になるかもだけど)が知ってるラジオDJと言ったらBig Boyじゃないかな??彼の朝の与太話が面白かった。でもゴシップへのコメントとかは的を得ていたり。ま、映画ではそんな恋愛ラジオ番組をみんなが聴いている訳です。そこにゲストで登場するのが、恋愛指南本が話題の女性作家。その役をロビン・ギビンスが演じてます。ロビン・ギビンスはマイク・タイソンの元妻として有名??そしてDJのアシスタント役にポーラ・ジャイ・パーカー。テレンス・ハワードとは「Hustle & Flow / ハッスル&フロウ (2005)」でも共演している、いつも小言ばかりのあの女性です。このラジオブース内でも色々とドラマがあるのですが、ラジオを聴いているリスナー達が語る恋愛ショートストーリーがこれまた面白いです。最初に語るのがモニカ・カルホーン。と言っても普通の人は分からないですよね。ドン・チードルが主演のバスケットボール映画「Rebound: The Legend of Earl 'The Goat' Manigault / リバウンド (1996)」とかにも出てました。最近はこの手のインディペンデンス映画が多いですね。ありがちなラブストーリーですが、チャーミングです。次のがアニメみたいな展開で笑えます。主演がアリエス・スピアーズです。と言っても普通は分からないですよね。デンゼル・ワシントンとかジェイZとかの真似が上手いコメディアンです。映画にも出ていたと思うんだけど、何の映画かは忘れました。あ、デーモン・ウェイアンズのスケッチコメディ「Underground」にもレギュラーで出てましたね。普通のスタンダップコメディも面白いですが、モノマネが本当に上手いです。相手役がリサレイ。リサレイと言えば「The Players Club / ザ・プレイヤーズ (1998)」ですね。タークス・カイコスの元内閣総理大臣の元妻です。最近はそちらの方で話題を振りまいてますね。アリエスの仲間の役にディレイ・デイビス。新進コメディアンです。「Code Name: The Cleaner / ジェイク・アイデンティティー (2007)」とか「Frankenhood / 日本未公開 (2009)」とか、色々出てます。黒魔術というかね。下品ですが、笑ってしまいました。最後もまたキュートなストーリーですね。主役はタミー・タウンゼント。彼女に関しては日本では全くの無名でしょうね。いやアメリカでもそんなにかな?「Family Matters」という90年代初期頃に放送していたシカゴの黒人ファミリーが主役のシットコムでスティーブ・アークルというイケテない男の子のキャラクターが一世を風靡しました。そのアークルを演じていたジャレル・ホワイトの新しいシットコムで相手役を務めていたのがタミー・タウンゼント(あー、説明が長い)。映画には確か「Divas / ディーバたちの青春/スターダムへの階段 (1995)」という映画に出てました。「Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)」な映画でした。彼女の夫役がクリス・スペンサー。「6Th Man」というマーロン・ウェイアンズが出ているバスケットボールの映画に出演してました。この前書いたマーティン・ローレンスが飛び入りしたコメディ・クラブのチョコレート・サンデーというコーナーは彼が司会(この映画でもそのTシャツ着てました)。その浮気相手が「Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood / ポップ・ガン (1996)」でショーン・ウェイアンズの相手役で1分で妊娠したダシキを演じていた彼女です。タミー・タウンゼントのご近所さんを演じた男性は、どこかで見た事あるので絶対に若手のコメディアンだと思っていたら「Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood / ポップ・ガン (1996)」のトゥースピックだった!マーロンやショーンとバーベキューの時にゲームしていた男でしたよ。その片鱗もなく、素敵な男役でした。ウェイアンズとは共演の多い人です。あ、クリス・スペンサーも「Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood / ポップ・ガン (1996)」に出演していたので、この3番目のショートストーリーはプチ「ポップガン」同窓会ですね。

と、私はキャスティングだけで十分に楽しんでしまいました。でもショートストーリーだし展開も早いので見やすかったです。内容があって深いとかは思いませんが、そこそこ楽しめる映画です。肩肘張らないで見れる感じ。恋愛はタイミングもありますよね。出会いは難しいけれど、案外色んな所にあるんじゃないかな?と思わせてくれます。この映画のタイトルと同じで恋愛は歴史の積み重ねですね。

監督はタイラー・マドックス=シムズという人。デビュー作にデスティニーズ・チャイルドをチョイ役で使っていたラッキー男です。その作品とこの作品しか作ってないみたいですね。映画の編集とか音声とか学べはそこそこの映画を撮ってくれたんじゃないかと思う。残念。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)