SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

2009-11-05から1日間の記事一覧

またか好きだね

昨日のお昼過ぎ、またテレビ東京にて「The Glimmer Man / グリマーマン (1996)」が放送していた。このグリマーマンかクロスケージが毎年一回は放送されているような... キーネン・アイボリー・ウェイアンズ兄貴のアクション映画なら「A Low Down Dirty Shame…

ビル・コスビー

以前にもお伝えしたとおり、コメディアンの重鎮ビル・コスビーが名誉ある賞ケネディ・センターによる「マーク・トゥエイン賞」を受賞した。この賞は12回目となった。1回目の受賞者がリチャード・プライヤー。ウーピー・ゴールドバーグやジョージ・カーリン、…

ジェイミー・フォックス

マルチな才能を発揮しているジェイミー・フォックスが司会をしているサテライト・ラジオの「The Foxxhole」。その番組から誕生したアニメーション「The Foxxhole」(ラジオ番組と同じタイトル)を制作する事になった。フォックスは声で参加する予定。制作に…

ヴィング・ライムス

ベテラン俳優のヴィング・ライムスがスターズ・チャンネルの30分シリーズ「Gravity」に出演する事になった。クリステン・リッターやアイヴァン・セルゲイ、レイチェル・ハンター等と共演する。ライムスは元野球選手でグループのリーダー的存在だが、今は車椅…

Why Did I Get Married Too?

タイラー・ペリー監督の最新作「Why Did I Get Married Too?」のティーザーがEntertainment Tonight(ET)で放送された。前作「Why Did I Get Married? / 日本未公開 (2007)」に続いてジャネット・ジャクソンが主演。公開は来年の春を予定。

Love Chronicles / 日本未公開 (2003)

Cast >> Terrence Howard (T-Roy), Robin Givens (Monifa Burly), LisaRaye McCoy (Marie Tousaant) Clifton Powell (Thomas), Al Clegg (Marcus), Aries Spears (Playa), Buddy Lewis (Male Nurse), Chris Spencer (Gavin), Darrel Heath (Kenny), Holly Jo…

Willie Dynamite / 日本未公開 (1974) 639本目

前衛作家というか...えげつないというか...ドクター・スネイクスキン事ダリウス・ジェームズが書いた「That's Blaxploitation!」という本の中で、この作品は「間違いなくダントツにベストで本格的な70年代のブラックスプロイテーション映画だ」と称している…

Willie Dynamite / 日本未公開 (1974)