SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Something Is Killing Tate / 日本未公開 (2008)

Cast >> Jocko Sims (Tate), Joshua Curls (Young Tate), Aliza Pearl (Renee), Luz Beato (Jasmine), Tyrone Caprice (Vashon), Myron Davis (Alex), Kevin Nichols (Carlton), Robin Dionne Smith (Sylvia), Chantel Valdivieso (Dottie) ...
Director >> Leon Lozano
Writer >> Leon Lozano
Producer >> Jessica Funches, Leon Lozano ...

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Make Best for Second Chance
テイト(ジョッコ・シムズ)は暗い部屋で一人大量のアスピリンを手にしていた。幼い頃の過去を思い出しながら、テイトはアスピリンを口にした。大量のアスピリン以外に、何かがテイトを殺していたのだった...

久々に期待出来る監督が誕生した。久々に胸が熱くなるのを感じる。一人の男の壮絶なドラマの映画自体はどちらかというと静かに淡々と流れるのに、見ているこちらは逆に胸が高まる不思議な感覚。難しい問題ながら、現代の問題を見事に描写と分析をし、以前からのモノクロ映像を上手く現代風に使っていて、とっても新しさを感じる。映像も設定も実に細かく練られていて、見る者を余計に印象深くする。そして無理に恋愛を物語に詰める映画が多い中、この映画は見事に完璧なまでに主人公のドラマと恋愛を絡めている。この主人公のような壮絶な経験をした者は少ないとは思う。でもなぜか凄く主人公達をすごく身近に感じる事が出来、この問題について深く考えさせてくれるパワフルなインディ映画だ。

派手な仕掛けに無駄なお金を使わず、有名な俳優に無駄なお金を使わず、無名な人々が作り上げた無駄の無い最高のドラマだ。

(9/13/09:DVDにて鑑賞)