SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Next Day Air / 日本未公開 (2009) 628本目

期待してたんですけどねー、なんともかんとも。
監督はミュージックビデオで有名になったベニー・ブーム。ベニー・ブームと言えば、綺麗な映像ですよね。ヒップホップも沢山やってますが、どちらかと言えばスローな曲でのロマンチックな感じのミュージックビデオが好きです。一番有名なのが、ネリーとケリー・ローランドの「Dilemma」かな。その彼の長編デビュー作。意外にもコメディ。どうせならラブストーリーが観たかったかも。主演がDonald Faison (ドナルド・フェイゾン)です。私、「Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)」以来期待していたんです。でも主役は初めてじゃないでしょうか?準主役は多かったんですけどね。ま、主演を演じるまで長い事待ってる間にすっかりオジサンになってしまいました。相変わらずのベイビーフェイスではありますけれども。このファイゾン演じる主人公が、まあーーーー何やってもダメ男君。運もなければ才能もない。でもチャーミングさだけで人生を渡りきってますね。主役なんだけど、あんまり出てこないかも。なので本編よりも特典映像の方がチャーミングでもありました。お母さん役が「Fame / フェーム (1980)」のリディア先生こと、デビー・アレン。なんとこんなにベテラン女優さん(監督までやってるのに!)なのに、ファイゾンの役名レオをなぜかリロイと呼んでしまうNGがあるんです。リロイと言えば「フェーム」の中でもリディア先生が一番厳しくそして一番可愛がっていた黒人ダンサー。そしたらファイゾンはあの「フェーム」のテーマ曲を歌い始めるのです。デビー・アレンも照れもあって大爆笑。ファイゾンはそういう笑いのアドリブも十分出来る俳優なんでしょうね。返しが上手かったです。デビー・アレンも今はリメイクされた「Fame / Fame フェーム (2009)」の事で頭一杯だったのかも。先週末から公開されたけど、あんまり成績良くないみたいですものね。

ドジで間抜けな強盗たちを演じるのが、マイク・エプスとウッド・ハリスとマリク・バーンハードという3人。マリク...という人はあまり有名ではありませんが、マイク・エプスはアイス・キューブの映画で有名ですし、ウッド・ハリスもジミヘンを演じたりと割りと皆さん他の映画でも見た事あると思います。マリク・バーンハードという役者さんもこれからこういう感じでコメディ映画に出てくると思います。この彼がいい味出してます。マイク・エプスはそのまんまのトボケた感じでしたが、ウッド・ハリスはジミヘンを演じたりするくらいなので、割りと真面目というかハードボイルドな印象。なのでこういうコメディやるのは意外な感じがしました。このずっこけ3人のまとめ役のボス。強盗なんですが、すごい間抜けなんですよ。ネタばれすると面白くないと思うので、詳しくは書きませんが、実際にあったら「世界のお馬鹿ニュース」で取り上げられるでしょうね。

モス・デフも出てます。ファイゾン演じたレオとは正反対で悪い事しているのに、逆に上手く取り繕って月間の従業員賞とか貰ってしまう程。モス・デフぽく飄々とやってしまうのが面白いですね。良いといえば、オマリ・ハードウィックですね。この前みた「Linewatch / バトル・ライン (2008)」とかでもいい感じでした。これから来ますよ、彼は。

確かに面白いのは面白いです。でも後に何も残らないタイプの面白さです。私はウェイアンズのコメディのように究極なエンタテイメント性を求めてしまうのです。最高の笑いと、もう一つ何か気づかせてくれて、そして考えさせてくれるコメディが好きなので、この映画をもう一度観たいかと言えば、いやいや...という感じです。ベニー・ブームは恋愛物で観たい!

感想とあらすじはこちら

(3.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)