SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Big Mommas: Like Father, Like Son / 日本未公開 (2011) 848本目

私もそう思ってましたよ。みんなと同じですよ。どうせ駄作でしょって。前作「Big Momma's House 2 / ビッグママ・ハウス2 (2006)」は箸にも棒にも掛からぬ作品。「Big Momma's House / ビッグ・ママス・ハウス (2000)」は面白かった。キャスティングも変わった今回はやっぱり2作目と同じになるんじゃないかと思っていた。監督も2作目と一緒だし。この第3作目となる作品はその両方。良い所もあれば悪い所もある。でも思っていたよりも見れる作品。主役のマーティン・ローレンスが、義理の息子役のブランドン・T・ジャクソンに良い感じで花道を譲っている感じですね。2作目は何かいい共演者にも恵まれずに空回りしていたけれど、今回はブランドン・T・ジャクソンとファイゾン・ラブのお陰でいい感じでしたね。やっと本来のビックママに戻った気がした。笑える作品であって、良い作品って訳じゃないし、2作目よりは良いというニュアンスです。

今回は女子高で潜入捜査。まあそれにはかなり苦しいこじつけがあったりしますけど... 一作目であんなに可愛かったトレント君も今や高校生で、もうすぐ大学進学を控えている。でも本人は大学よりもラッパーになる事を優先したい年頃。まあ仕方ないですよ。でも義理の父であるマーティン・ローレンス扮するマルコムはデューク大学に行って欲しいと思っている。その入学通知を郵便配達役のケン・チョンから奪う。家に早速帰って、トレントに言おうとしたら本人は居ない。街頭でラップを披露していた。そしてラップとしての契約書を手にしていた。戻ってきたトレントにデューク大の事を言うがトレント聞く耳持たず。それよりも契約書に大人のサインが必要だからとマルコムに頼むけれど、マルコム絶対に反対!両者対立。そんなマルコムにFBIの捜査の電話。現場に向かうマルコム。そしてサインが必要だからと、こっそりついていくトレント。おとり捜査だったが、すぐに犯人にバレる。犯人達は情報の入ったフラッシュドライブを探しており、その取引の場だった。本物のフラッシュドライブは芸術女子高のどこかに隠されている。しかもトレントは犯人に顔を見られてしまった為にどこかに隠れる事になったので、一緒に女装して女子高へ... ね、こじつけが凄いでしょ?いちようフラッシュドライブを隠した男と女子高のセキュリティが友達という設定。しかも芸術高だから、途中で完璧に「Fame / フェーム (1980)」になっちゃってる。なんでカフェテリアで踊ってんのよ!

ブランドン・T・ジャクソンは芸達者だなーと、ここ最近本当に思う。でもこの映画ではかっこつけな所が多々あって、少しイラっとさせてくれます。何ていうんだろう...ノンスタイルの井上的。井上みたいに極めてくれると、感心しちゃうけど。でもブランドン・T・ジャクソンはマーロン・ウェイアンズ的になると思う。後、女子学生でアジア系の女の子が一人いて、どう見てもいとうあさこでしょ!!リンクのIMDBのページも見てみて。その写真も割りといとうあさこ姉さんだから。姉さん、途中頑張るのよ。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:劇場にて鑑賞)