SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Powder Blue / 日本未公開 (2009) 624本目

残念ながらパトリック・スウェイジの遺作となってしまった映画。この映画の頃にはもう彼の体を蝕んだガンについては、分かっていたと思うけれど、その微塵も感じない肉体でした。というのも、何だか80年代のハードロッカーみたいな格好をしています。ポイズンみたいな。なので上半身裸でシャツを着ていたりするので、彼の肉体が分かった訳です。「ダーティーダンシング」や「ゴースト」とか「ハートブルー」の頃に比べるとさすがに痩せたのかな?と思うのですが、でも変なやせ方じゃなくってちゃんと筋肉が綺麗に割れたシックスパックもあるのがさすが。彼の役どころはストリップクラブのオーナーで、それはそれは悪い人なんです。しかもメインからは少し離れているので、あんまり出ません。この映画が遺作だと思うと、なんだか残念な感じもした。ちなみにこの遺作となった作品で弟も一緒に出ています。
この前ふと寝る前に夫とパトリック・スウェイジの話になりました。私は上にも挙げた「ダーティ・ダンシング」とか「アウトサイダー」とか「若き勇者たち」とかみたいな兄貴的な印象のあるしなやかな俳優という印象なんですが、夫は「ハートブルー」とか「ブラック・ドッグ」等でアクションスターとして凄く好きだったとの事。普段は殆ど有名人に興味がなくて話さないので珍しいのでビックリ。でも「3人のエンジェル」を見て絶望したらしい。私は「3人のエンジェル」好きなんですけどね。物語が。ジョン・レグザイモは可愛かったけど...ウエスナとスウェイジは確かに...
私は80年代の映画も大好きですので、やっぱり悲しいですね。80年代は特に派手な俳優が多かっただけに、奥さんとの馴れ初めとか聞くと好感が持てる数少ない80年代スターなのに!夫にも奥さんとの事を話したら、彼はそういうオールドファッションな人だったんだろうねーと言ってました。今まで良い作品を沢山ありがとう、スウェイジ兄貴!

主役はジェシカ・ビール。彼女が勤めるのが、そのパトリック・スウェイジが経営するストリップクラブ。ジェシカ・ビール、脱ぎまくりです。元々、脱ぎっぷりのいい女優だという印象なんですが... このお年頃の女優さんの区別があんまりつかないので、色んな人が混ざっていたらごめんなさい。アダム・サンドラーの映画でも惜しげなく下着姿とか披露してましたよね?今回はもっと凄いです。スタイルが素晴らしいので、自信もあるのでしょうねー。でも途中のトイレのシーンは要らないと思うので、あれは監督の趣味なんじゃないかと疑う。

今回手に取ったのはフォレスト・ウィッテカーの名前に惹かれました。制作としても関わっているんですよ。主役はジェシカ・ビールと書きましたが、彼女が一番出ていて、フォレストとかレイ・リオッタが準主役かな?でもフォレストはジェシカ・ビールと絡むシーンはありません。彼だけ。そのせいか、何か物語が2つくっ付いている感じ。撮影の感じから、すぐにあー「Crash / クラッシュ (2005)」の二番煎じだなーと思ってしまったんですが、私は見てないんですがフォレストも出ている「The Air I Breathe」とも話しが被っているそうです。私は「The Bucket List / 最高の人生の見つけ方 (2008)」の要素もある気がしたんですが、あの映画よりももっと暗いです。「クラッシュ」のように孤独な町ロサンジェルスでクリスマスを控えた頃に色んな人々が交差していく物語です。フォレストはいつものようにいい演技を見せてます。苦悩する男。最初は何で自分でやらないの?という疑問が芽生えてしまうのが彼の役なんですが、それは彼の職業に答えがあったんですね。フォレストと絡むトランスジェンダーのレクサスという役の人が中々。これが映画デビューのようですが、中々です。あ、「フレンズ」のフィービーこと、リサ・クードロー(AKAマーシーX「Marci X / マーシーX フレンズ以上、恋人未満!? (2003)」)も出てました。フィービーは好きですが、私にとってはあんまり縁起のいい人じゃないのよね。お陰であれからデーモン・ウェイアンズが映画に出演してませんから... 相変わらずフィービーのままの演技でしたね。

えーと、なんだか解決するべき問題が多すぎて...手一杯な映画でしたね。で、最後が急に非現実的と言いますか...この前の「Something Is Killing Tate / 日本未公開 (2008)」みたいに問題を解決する非現実的なら感動で号泣なんですが... 問題を解決したんだか何だかで...非現実的なので、何となく引いてしまいます。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)