SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

G.I. Joe: Rise of Cobra / G.I.ジョー (2009)

Cast >> Dennis Quaid (General Hawk), Channing Tatum (Duke), Marlon Wayans (Ripcord), Sienna Miller (The Baroness), Joseph Gordon-Levitt (Cobra Commander), Said Taghmaoui (Breaker), Christopher Eccleston (Destro), Adewale Akinnuoye-Agbaje (Heavy Duty) ...
Director >> Stephen Sommers
Writer >> Stuart Beattie, Skip Woods
Producer >> Lorenzo di Bonaventura, Bob Ducsay, Brian Goldner

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Yo, Joe!
軍人のデュークとリップコード(マーロン・ウェイアンズ)はガン治療の為に開発された「ナノマイト」の輸送の任務についていた。しかし途中で「コブラ」という組織に攻撃された。デュークの活躍で何とか輸送は無事に出来た。そしてデュークとリップコードは最強国際機密部隊「G.I.ジョー」に入る事になったが、それは「コブラ」との戦いの始まりだった。

今使えるだけの最新技術を使って、我々の空想と視覚を楽しませてくれる作品だ。スクリーンに映っているものは、アニメーションなのか実際の映像なのか分からなくなる位に空想的な絵がこれでもかという位に映し出されている。使われた役者も舞台も世界各地から結集されていて、面白いのは確か。ただ、脳を刺激するような興味深いストーリーが欠けていたように思える。世界各地から集まったキャラクターのそれぞれが複雑に絡んでいくのは良かったが、それらのエピソードが古臭い。あの新しい映像には釣り合っていない。そして今の映画にありがちな、ラブストーリーをねじ込んできているのも使い古しを感じる。そして東京の偽ぽさと大きな魚の形の司令艦は、せっかくの空想的な絵がチープに見えてしまったのも確か。

ジョーよ、次は新しいストーリーを待っている!それまで待つ魅力があるか分からないが。

(8/15/09:劇場にて鑑賞)