SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

フォレスト・ウィッテカー

先日、自ら「Better Angels」というウガンダを舞台にした映画で監督と主演を務める事を発表したフォレスト・ウィッテカー。今度は長年そのままになっているルイ・アームストロングの自伝映画について語った。ウィッテカーは、サッチモの映画は2013年に取り掛かる予定で、今回初めて脚本家の名前を挙げている。自分が監督する「Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)」の続編「Getting To Happy」の脚本も担当しているロン・ロス、そして「グッドフェローズ」等で知られるニコラス・ピレッジが関わっている事を話した。そして劇中はウィッテカー自身は歌うつもりはないらしく、サッチモの録音を使う予定。理由は「彼の声はとっても有名だからね」と語っている。そして自身がカンヌ映画祭の最優秀男優賞にも輝いている、別のジャズの伝説「Bird / バード (1988)」の監督で、ジャズ好きでも有名なクリント・イーストウッドから、このサッチモの映画についてもアドバイスを受けていて、「(イーストウッドに)脚本を読んでくれと頼んでいるんだ。彼とは会って話しもしている。彼は後者の部分で問題になる事を気にしているんだ。それを話すのはちょっと十分と感じていないんだ」と話している。

Marrakech Film Festival ’11: Forest Whitaker Working With ‘Goodfellas’ Writer Nicholas Pileggi On His Louis Armstrong Biopic | IndieWire