SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Repentance / 日本未公開 (2014)

Cast >> Anthony Mackie (Tommy), Forest Whitaker (Angel), Sanaa Lathan (Maggie), Nicole Ari Parker (Sophie), Mike Epps (Ben) ...
Director >> Philippe Caland
Writer >> Philippe Caland (story), Shintaro Shimosawa (screenplay)
Producer >> Forest Whitaker, Philippe Caland, Philippe Caland
Genre >> Horror
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

"Wipe the trouble out and let the beauty in"
トミー(アンソニー・マッキー)と兄のベン(マイク・エプス)は酔っ払って車を運転中に何かにぶつかり事故となった。4年後、トミーは作家として成功していた。その本はトミーが事故で瀕死からの生き残りを書いた本であった。本のサイン会に訪れたのがエンジェル(フォレスト・ウィッテカー)で、トミーの本を何度も読み返した後があり、熱心にトミーの話を聞いた。1対1でのセッションを願い出たが、トミーはもうやっていないと断った。ベンがトミーの元に戻ってくる。誰からか追われ、12000ドルを要求されているという。ベンを救う為にトミーはエンジェルの誘いを受け入れた。お金のために。しかしそれがトミーの後悔となっていく...

オスカー俳優のフォレスト・ウィッテカーと、これからオスカーが期待出来るアンソニー・マッキーのスリラー作品。監督は『ボクシング・ヘレナ』のプロデューサーで原案者のフィリップ・カラン。カランの『The Guru & the Gypsy』を観たフォレスト・ウィッテカーと彼の映画制作のパートナーであるニナ・ヤンがリメイク。脚本はホラー畑の『519号室』のシンタロウ・シモサワが書き直している。オリジナルは見ていないが、この作品に関して言えばニュー・オリンズの独特な土着な雰囲気を生かしたスリラー作品である。確かに予測はつきやすいプロットではあるが、それでもフォレスト・ウィッテカーが精神状態ギリギリの男を演じているというだけで面白いのだ。こういう役をフォレストにやらせたらピカイチだ。元々、何をしでかすか分からない怖さみたいのをフォレストは秘めている。そしてアンソニー・マッキーが演じる混じりのない真っ直ぐな男。しかし彼にはニューオリンズ生まれらしく土着な神秘性があって不思議な色気がある。この2人に絡んでくるのが、問題を抱えているマイク・エプス演じるベン。最近のマイク・エプスはシリアスドラマで絶好調である。

ニューオリンズのバイユーに潜む魔物。3人の男達が不思議にそして時には不気味に輝くのであった。

(6/28/14:DVDにて鑑賞)