SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Repentance / 日本未公開 (2014) 1249本目

なぜだろう?評判は良くなかった。しかし私は好きだ!フォレスト・ウィッテカーが「変な人」を演じているってだけで、ワクワクする!黒人のくせに普段は全くブラックムービーを見ないうちの夫も「フォレスト・ウィッテカーが変な人やっているいう映画あるでしょ?あれ観たいんだよね」と話していたほど。フォレスト・ウィッテカーの「変な人」はなんだか人をワクワクさせるのだ!

というのもあるし、何といってもアンソニー・マッキーが出ているからねー。観ない訳にはいかないのだ!!しかもアンソニー・マッキーの地元ニュー・オリンズが舞台!観ない訳にはいかないのだ(2回目)!

という訳で、ニュー・オリンズ。2人の男が随分と陽気に車を運転していた。車内にはガンガンとラップが響いている。おどけてハンドルから手を離す。トミー(アンソニー・マッキー)とベン(マイク・エプス)で、2人は兄弟のようだ。大笑いする2人。そんな時に何かにぶつかって、車は車道から逸れて事故った。ベンはすぐに意識があって、トミーの名前を呼び「逃げるぞ」と叫んだ。しかしトミーの返答はなかった。それから4年。トミーは本のサイン会に居た。トミーの書いた本のサイン会だったのだ。そこにやってきた男。トミーは彼が持ってきた本を見て、随分と自分の本を読んでくれているのが分かる程だった。男はトミーの本から引用する。「暗闇を呪う事よりもキャンドルを灯した方がいい」と。男はどうしてこの引用を本に付け加えたのか聞いてきた。そして男は、自分はエンジェル・サンチェス(フォレスト・ウィッテカー)という名前で、もし良かったら1対1でセッションして欲しいと頼む。トミーはカウンセラーで、自分の臨死体験を本にしていたのだった。1対1のセッションはもうやってないと答えたが、エンジェルは名刺を置いていった。そして突然ベンが帰ってくる。何も言わなかったが、どうやら人からお金を借りていて、12000ドルも借金していたのだ。トミーはベンの借金を返す為に、エンジェルとの1対1のセッションを受け入れる事にするが...

と...大体、ご想像はついちゃいますよね?大体、そのご想像通りに話は進んでいきます。が!!!面白いんです。フォレスト・ウィッテカーの「変な人」が最高です!!あの人は本当にああいう怪しい役をやらせると天下一品!!とことん怪しい!それに怖い。「あの人絶対におかしいよー」って言葉がぴったりなんです、フォレストは!!今日の写真見てよ!完全に危ないでしょ!!目が笑ってないとか、目が死んでいるとか...色々言われておりますが、実際のフォレストに会ってみると、実に地に足が着いた落ち着いた大人なんです。オスカーを獲得したあの『The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)』を地で行っていて、もっとギラギラしているかと思ったら大間違い!優しそうとまでは言いませんが、大人だー!と思わせてくれました。どちらかと言うと『Ghost Dog: The Way of the Samurai / ゴースト・ドッグ (1999)』の方が地に近いのかも??職人俳優。でも映画の中じゃ、こんな変な人が合うからね。びっくりです。さすがです!しかも娘には優しいパパだから余計に怖いー!!

で、アンソニー・マッキーね。最高よー。やっぱりニュー・オリンズ育ちなのねー。ああいう怪しげなバイユー的な土着な雰囲気がより一層アンソニー・マッキーに色気を出させているのですよ。彼はぜーーーーーったいにバンパイア映画やるべき!!もちろんニュー・オリンズが舞台で!スパイク・リーがリメイクしちゃったけど、『Ganja & Hess / 日本未公開 (1973)』のリメイクはアンソニー・マッキーでやるべきだったね。じゃないのが非常に残念なほど!

そしてマイク・エプスね。コメディアンだけど、『Sparkle / スパークル (2012)』で根性見せてから、私の中では急上昇中。この映画でもシリアスな演技が良かったですわね。滑舌が良くて早口。悪い言葉も彼だとなぜか聞けちゃう。この良い人なんだか悪い人なんだか、観客を翻弄させる役にはぴったり。

タイトルは後悔とか良心の呵責とか。でもそんなのかんけなーい!と、「変な人」フォレスト・ウィッテカーが色気のアンソニー・マッキーをギッタギタに虐めておりますの。もうそれだけで面白いの!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:6/28/14:DVDにて鑑賞)