SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Dark Manhattan / 日本未公開 (1937)

Cast >> Ralph Cooper (James A. 'Curly' Thorpe), Cleo Herndon (Flo 'Babe' Gray), Clarence Brooks (Larry B. Lee), Jess Lee Brooks (Lt. Luke Ballot), Sam McDaniel (Jack Jackson) ...
Director >> Harry L. Fraser, Ralph Cooper (uncredited)
Writer >> George Randol, Ralph Cooper (uncredited)
Producer >> Harry M. Popkin, Ralph Cooper (uncredited)
Genre >> Crime

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Back to Jungle"
ラリー・B・リー(クラレンス・ブルックス)は、不動産屋をしておりハーレムで一番の稼ぎで有名な人物だった。しかし不動産は表向きであり、裏では「ナンバー賭博」で儲けていた。リーが訪れたビリヤード場でケンカが勃発。そこをパンチ一発で治めた若いカーリー・ソープ(ラルフ・クーパー)を気に入り、リーは自分の会社に入れた。カーリーは最初から頭角を現した。そしてリーの彼女であるクラブシンガーであるフロー(クレオ・ハーンドン)を見かけ、いつかはあんな女性を...と思うカーリー。そんな時に、リーは働きすぎで体を崩し、その間カーリーがリーの代理となった。不満に思う部下たち、そして他のナンバー賭博の大物たち... リーが居なくなった事でバランスが悪くなり、しかもカーリーは野心溢れる策略で...

黒人版クラーク・ゲーブルと呼ばれていた稀代の2枚目俳優ラルフ・クーパー。そんな彼が得意としたのが、この映画のような闇を描いたギャング映画である。今で例えるなら...正直居ない!そのクーパーが、元々コンサート歌手で「黒人映画の父」オスカー・ミショーの映画でデビューしたジョージ・ランドルと共に制作会社を設立し、2人で脚本を書いたのがこの作品だ。舞台はニューヨークだが、撮影はロサンジェルス。ラルフ・クーパーのギャングものは、そんなに好きじゃなかったのだけど、この映画は傑作だ!「スカーフェイス」並みとまでは言わないけれど、スカーフェイスぽい!ラルフ・クーパー演じる若いカーリーがとても野心的で面白い。そしてこの時期の映画はとても音質も悪く、そして俳優の技術的にも台詞がはっきりとしていない事が多々あるが、この映画はとても聞きやすい。

もうとにかく最後がカッコいい!スカーフェイスは、ラッパー達に人気の映画であるが、多分ラッパー達はこの映画を知らない。残念である。彼等が観たら、多分真似するであろうカッコいい男がカーリーである。どーしようもない男なんだけど...

(6/9/14:DVDにて鑑賞)