SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

It Ain't Easy / 日本未公開 (2008)

Cast >> Mack 10 (Mack), Clifton Powell (Fish), Katt Williams, Michael Rappaport, WC(Hawk), CJ Mac (Slim), Glenn Plummer, Tank, Peter Greene ...
Director >> Robert Morris
Writer >> Frent Coleman, Clarence Livingston
Producer >> Chris Mills, Rob Johnson, Carol Dorsey
Genre >> Crime

総合ポイント >> 2.5/5点満点
Contents >> 2 Performance >> 3 Direct >> 2 Music >> 3

It Ain't Easy Being Sleazy to makin' movie
マック(マック10)は父がピンプで母が売春婦という環境に生まれ、小さい頃からその世界を見てきた。まだティーンになったばかりの頃、近所の男にドラッグ運びと売りの仕事をさせられていた。ある日言いつけられた仕事でホテルに向かうと、母がそこに居た。マックは家を飛び出そうとした。その時に父から時計を渡された...

ピンプが題材となった映画は沢山ある。それこそ今回の主役を演じたマック10の芸名が取られたであろう「The Mack」もある。この映画はその中でも生々しい悪党の世界が描かれていると思う。悪の周りには悪しか存在しない...そんな世界だ。この映画では我々のような普通な市民は置いてきぼりにされ、彼等の世界には存在していないのだ。だから私も住んでいるであろうLAの同じ街には、私は存在してなくても、私が見た事もないようなピンプと売春婦とそれに戯れる腐敗した警官だけが存在している不思議な世界。どこへ行っても彼等がむせ返るような人ごみとなっている。カーウォッシュでもバーバーショップでも。でもその状態が「違う世界を見せてもらった」という気分にはならなかった。その世界の描写には何か幼稚じみた物を感じたので、マック10が主役を演じる程の魅力を感じなかった。

世の中には色々な世界がある。その知らない世界を垣間見るのは興味深いのは確かだが、やはり見せる側の力量も問われる。薄っぺらではいけない。映画を作るのは簡単な事じゃないのだ。

(10/08/08:DVDにて鑑賞)