SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black August / ブラック・オーガスト/獄中からの手紙 (2007) 47本目

ブラック・パンサー党傘下のブラック・ゲリラ・ファミリーを設立し、アンジェラ・デイビスとパーソナルな仲だったジョージ・ジャクソンの物語。18歳でガソリンスタンドで70ドルを強盗した罪で捕まり刑務所行き。刑務所内で殺人事件の容疑もかけられて、亡くなるまで18歳からずっと刑務所暮らし。その中でブラックパンサー党を知り、そして「クリップス」のトゥッキー・ウィリアムスもその生涯を終えたサンクエンティン刑務所にて自らブラック・ゲリラ・ファミリーを1966年に設立。まだティーンだった弟も影響されたり、アンジェラ・デイビスのカリスマ的な部分も手伝って、この組織は今現在も存在している。そのジョージ・ジャクソンが刑務所で書き綴った本を出版するまでと彼の生涯をドラマ化した作品。

60年代と70年代の音楽がドラマの生々しさを伝えているようでした。実際の史実とその音楽の発売にはちょっとだけズレがあったりするけれど、それでも映画がドラマを伝えている感じがしました。その生々しさが多分観客を物語に引き込ませている感じがします。また実際の写真を使っているのも、もう一つの理由かもしれません。
でも主役のジョージ・ジャクソンを演じたのがゲイリー・ドォーダン。ジョージ・ジャクソンは確かにゲイリー・ドォーダンに似た男前だけど、何か実際にあっただろうジョージ・ジャクソンのカリスマ性やスマートな部分みたいのは感じなかったかな?物語の魅力はバッチリだったけれど、主人公の魅力はあんまり感じられなかった。男前だったけど。

当時の活動家達がどのように抑圧されていたのかも良く分かります。ジョージ・ジャクソンは刑務所内での活動をしていたので、当局も余計に抑圧しやすかったんだと思います。彼等の手の内に納まっていたんですね。本当だったら模範囚にでもなって、外で活動した方が良かったんだと思うのですが、でもジョージ・ジャクソン自身が刑務所内で目覚めたので刑務所内でどうしても活動したかったのもあるかもしれないですね。

ジョージ・ジャクソンは音楽や映画等でも何度か題材になっているので知る人も多いと思います。残念ながらジョージ・ジャクソンの生々しい言葉を感じる事も無かった。台詞にパワーを感じなかった。でも一つだけ笑ってしまったのが、ブラック・パンサーのメンバーが「クー・クラックス・クラン」の事をわざと「クー・クラックス・クラウン」と言った部分。彼等の怒りから生まれたユーモアを感じます。

調べていたら日本でも今WOWOWで放送中らしいので、興味を持った方はご覧になっては??
http://www.wowow.co.jp/schedule/ghtml/020506001V1.html

感想はこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)