SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Black Power Mixtape 1967-1975 / 日本未公開 (2011) 950本目

出来ると聞いた時から見たくてたまらなかったドキュメンタリーです。タイトル通りで、1967年のアメリカでのブラックパワー...黒人革命を追った作品です。でも面白いというか、付け加えなくていけないのが、このドキュメンタリーはスウェーデンの記者達が当時集めた映像を元に制作されているという点。インタビュー等の映像もスウェーデンの記者が行った映像。なので余り見た事ない映像が多かった。そして監督はこれはブラックパワー運動の全てだと思わないで欲しいとも述べている。

この映像が集められた1967年の前年となる1966年は面白い年だった。ストークリー・カーマイケルがSNCCの委員長に就任、ブラック・パンサー党のヒューイ・P・ニュートンとボビー・シールがブラックパンサー党の10ポイントプログラムとプラットフォームの最初のドラフトを書いた年だった。1967年にスウェーデンの記者はマイアミの小さな町を訪れている。そこで見た物をスウェーデンで紹介。そしてSNCCの委員長に就任したばかりのカーマイケルが、ストックホルムに訪れている。その時のカーマイケルは既にあの「ブラック・パワー」を叫んではいたが、ストックホルムに着いた時にはキング牧師の非暴力を伝えていた。しかし、スウェーデンの記者がアメリカを訪れ、カーマイケルの母にインタビューしている時には、インタビュアーに「俺がインタビューしてあげようか?」とマイクを取り、母親にインタビューを始める。そのカーマイケルは母親から「黒人だからよ!」という答えを求め、その答えに誘導しようとやっきになっているのが分かる。と、割りと最初の方はカーマイケルの事が多い。カーマイケルの映像をここまで見たこともなかったし、意外と気楽に話している映像や、いつもの緊迫した怒れる青年像のカーマイケルも居て、興味深い。どうせ盗聴されているから...と、FBIのために歌まで歌ってしまう。

そして1968年、キング牧師の最後の年となった年。前年度から続いている大規模な暴動、そしてメキシコ・オリンピックでのトミー・スミスとジョン・カルロスのブラック・パワーの拳、ニクソンが大統領に選ばれる等の混沌とした時代に向かっていく。4月にキング牧師を亡くし、人々は余計に暴力の方向へ向かっていく。

この映画では1年毎に追っていくので、とても分かりやすい。この後はブラック・パンサー党にアンジェラ・デイビス...と続いていく。アンジェラ・デイビスの単独インタビューは見もの。彼女のインテリぶりが発揮されている。最後は麻薬問題で終わっている。クラックベイビーや麻薬中毒による少女の売春等の問題。

当時の映像と共にタリブ・クウェリやエリカ・バドゥにクエストラブにジョン・フォーテ等が話している。そして、ハリー・ベラフォンテやメルヴィン・ヴァン・ピープルス等の当時実際に活動していたエンタテイナーも話してます(少しですが)。そして何と言ってもダニー・グローバーがプロデューサーとして加わっております。本当はこの人がヒューマニタリアン賞総なめすべき。学生時代に過激だったから、疎遠されているけれど。

この中で一番印象に残った言葉がハーレムの本屋の店主の言葉。「黒人は美しい。しかし黒はパワーじゃないんだ。知識こそがパワーさ」。

感想やあらすじはこちら。

(4.5点/5点満点中:DVDにて1/9/12に鑑賞)