SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Footloose / 日本未公開 (2011)

Cast >> Kenny Wormald (Ren MacCormack), Julianne Hough (Ariel Moore), Dennis Quaid (Rev. Shaw Moore), Andie MacDowell (Vi Moore), Miles Teller (Willard), Ray McKinnon (Wes Warnicker), Patrick John Flueger (Chuck Cranston), Kim Dickens (Lulu), Ziah Colon (Rusty), Ser'Darius Blain (Woody), L. Warren Young (Andy Beamis) ...
Director >> Craig Brewer
Writer >> Dean Pitchford (screenplay), Craig Brewer
Producer >> Craig Zadan, Neil Meron, Dylan Sellers, Brad Weston
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 4

Everybody cut footloose!
レン・マコーミックはボストンから叔父を頼ってジョージア州の小さな町にやってきた。そこでは3年前の事故によって、若者達が集まりダンスをする事を禁止していた。その先導に立っていたのが、その事故で息子を亡くした牧師のムーアだった。ムーアの娘アリエルはレンと高校で一緒になり、彼氏がいるがレンに惹かれていた。そしてレンはダンス禁止を廃止するようにとやっきになるのだった。

オリジナルの1984年の「フットルース」は私の映画好きの歴史の中で燦々と輝く。というか、たぶんそこから私の映画好きの歴史が始まっているのである。プロムというものに初めて触れて、カルチャーショックだった。かなりの衝撃だった。そして高校生なのにずいぶん大人に見えた(実際に大人だった)ケビン・ベーコンが眩しくて仕方なかった。思い出があり過ぎて、新しいものを受け止める事が出来るか不安だった。わざわざ作って私の夢を壊さないでもいいじゃないか!とも思った。しかし完璧では全然ないけれど、これはこれで楽しめるようになっている。そこらに多くあるリメイクよりも愛が少しだけどある。レンのクリーム色のビートルやアリエルの薄いピンクのドレスが復活しているのも嬉しいし、オリジナルでは皆無だった黒人やヒスパニックの姿が見れるのも面白い。全然ないより良い。

また見るなら、やっぱり絶対にオリジナルに手を伸ばすけど、最近のハリウッドにありがちなオリジナルを完璧に壊す事はなかったので安心した。

(11/6/11:劇場にて鑑賞)