SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Original Gangstas / ホットシティ (1996)

Cast >> Fred Williamson (John Bookman), Jim Brown (Jake Trevor), Pam Grier (Laurie Thompson), Paul Winfield (Rev. Dorsey), Isabel Sanford (Gracie Bookman), Oscar Brown Jr. (Marvin Bookman), Richard Roundtree (Slick), Ron O'Neal (Bubba), Christopher B. Duncan (Spyro), Eddie Bo Smith Jr. (Damien), Dru Down (Kayo), Shyheim Franklin (Dink), Robert Forster (Det. Slatten) ...
Director >> Larry Cohen
Writer >> Aubrey K. Rattan
Producer >> Fred Williamson, Wolf Schmidt

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Yes, they did
鉄鋼の町だったインディアナ州ゲイリー。今では7割の工場が閉鎖した。鉄鋼工場跡地は、ギャングたちが蔓延りアジトにしていた。町で尊敬されているマーヴィンの店の前で、ローリー(パム・グリア)の息子ケニーが殺された。犯人はバスケットボールの賭けで負けたギャングの「レベル」の連中だった。マーヴィンは警察に情報を伝えるが、それがレベルに伝わり、暴行を受けた。その知らせを聞いたマーヴィンの息子ジョン(フレッド・ウィリアムス)が町に戻ってきた。またケニーの父ジェイク(ジム・ブラウン)も戻ってくる。彼らこそ「レベル」の創設者だったのだ...

プロットが最高に面白い。ちょっと時代が早すぎたのかもしれないとも思う。この内容は、「Redemption」等の映画やマスコミによって有名になったスタンリー・トゥッキー・ウィリアムスを思い出させる内容でもあり、更には今の大統領選のバラク・オバマの演説を彷彿させる内容でもある。それをプロデュースもしたフレッド・ウィリアムソンは気づいていたのである。オバマの選挙運動よろしく、グラスルーツ(草の根)運動を通して、実際にそこで暮らす人々も問題を無視するのではなくて、関わり合っていくという姿勢が物事を変えていくということを... またそれを生んだ人々が片をつけるという事。それは、フレッド・ウィリアムソンの実際の故郷を舞台にした事で余計に問題に対する姿勢が熱くなったのだとも思う。物語のバックグランド等、上手く物語りに溶け込んでいる。
ただ当時流行のギャングスタ映画の短絡的で安っぽい悪さが出てしまっていたのが残念。そしてリチャード・ラウンドトゥリーとロン・オニールがもっと物語に絡んできて出演量も多かったら、もっと満足出来たかもしれない。

問題は老若男女問わず。それを彼らが体を張って見せてくれる。若い時は一匹狼だった男と女が、時を経て団結する。それで、彼らはそれを成し遂げたのだ。

(4/23/01, 5/17/08:DVDにて鑑賞)