SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Original Gangstas / ホットシティ (1996) 8本目

ここでこの映画のタイトルを出したんですが、自分がやたらと見たくなってしまい... 先日の「Bucktown」といい感じで繋がるかなーとも思い...

工場を人件費や維持費のコストの安い海外に移転させ、工場閉鎖による解雇されて失業者が増えている問題。そして都市部で加速しているギャング集団の問題。それをグラスルーツ(草の根活動)で解決していく...何かまるでバラク・オバマの集会での演説を聞いているかのような内容っす。それほど中北部辺りの工場地帯の切実なる問題なのでしょう。今回は主演のフレッド・ウィリアムソンが製作にも携わった作品で、彼の故郷であるインディアナ州のゲイリーが舞台。それだけにここまで深く内容に踏み込む事が出来たのと思います。そして自分たちが作り上げた自衛の為の集団「レベル」が、そこらの犯罪集団のギャングと同じになってしまった。それを目の辺りにした時には、自分たちが片をつける。LA等でも有名なギャング集団は、元々は差別の迫害から逃れる為に団結した自衛の為の集団だった。元を辿るとブラックパンサーだったりした訳ですが、今では殆どが犯罪集団と化しています。この映画の1990代は、ちょうどその手のギャングスタ映画が栄えていた時期もあって、それの影響を受けている。フレッド・ウィリアムソンをはじめとするジム・ブラウン(Slaughter)、パム・グリア(Foxy Brown)、リチャード・ラウンドトゥリー(Shaft)、ロン・オニール(Superfly)などの70年代に活躍したヒーロー達が大活躍する。また、同じ70年代に活躍していたけれど、所謂ブラックスプロイテーションとは一線を画してしたポール・ウィンフィールドが出演しているのも面白い。しかもヒーローというより中核の立場を取る牧師役で。でも残念なのが、リチャード・ラウンドトゥリーとロン・オニールはあんまり出てこないのが寂しい。どうせなら5人でもっとゴリゴリでバリバリに活躍して欲しかった。


また、ミュージシャンが沢山出てますね。やたらと生意気な子供役にシャイヘイム(今はいずこへ...)や、ドゥルー・ダウン(今はいずこへ...)も口先だけのうるさい男を熱演。2人共にはまり役でしたね。The Chi-Litesがクラブで歌ってたりと豪華。個人的には「レベル」の現リーダーであるスパイロ役のクリストファー・B・ダンカン。彼はジェイミー・フォックスシットコムで真面目で生真面目な(とにかく真面目)な男を演じていたので、その印象が物凄い強いので、ギャングのリーダーはちょっと無理あるかな??ジェイミー・フォックスの番組の役の方が断然にイメージ通り。台詞回しとか無理あったかな。後、ジャッキー・ブラウンロバート・フォスターがプレ・ジャッキー・ブラウンジャッキー・ブラウン以前)で刑事役で出てますね。ちなみに殺されてしまうケニーの友人役のマーカスは、ゴッドフリーというコメディアン。ここではシリアスな役を演じてました。オーランド・ジョーンズの後を引き継いで「7Up Guy」もやってましたのよ。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)