SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Book of Numbers / 日本未公開 (1973)

Cast >> Raymond St. Jacques (Blueboy Harris), Philip Michael Thomas (Dave Green), Freda Payne (Kelly Simms), D'Urville Martin, Sterling St. Jacques (Kid Flick), Hope Clarke (Pigmeat Goins), Irma P. Hall (Georgia Brown) ....
Director >> Raymond St. Jacques
Writer >> Robert Deane Pharr (novel), Larry Spiegel
Producer >> Raymond St. Jacques, Mike Fields, Joe Dennis

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Keep passing on...Maybe someday
恐慌時代にウエイターをしていた年上のブルーボーイ(レイモンド・サン・ジャック)は若いデイビット(フィリップ・マイケル・トーマス)の面倒を見ていた。2人はブルーボーイの知り合いがいるアーカンソーの小さな町に出向いて、デイビットをNYから来たナンバー賭博の大物に仕立て、ナンバー賭博で大儲けする事に成功した。しかし、以前からナンバー賭博をやっている白人組織に目をつけられて...

元に小説があるだけに内容がしっかりしている。ナンバー賭博というギャンブルやギャングというテーマを扱う上で、それらの物が賞賛されがちだが、最後にはしっかりとした考えさせる物語になっている。。そればかりか、人生の喜怒哀楽が詰まっている。しかもクー・クラックス・クランのような組織を使って、笑いに変えた所は見事であり爽快。また時代を反映していて、ジョー・ルイスの試合にみんなでラジオに耳を傾けているシーン等もあり面白い。またこの映画が製作された1973年という年も反映されているのか、ブラックスプロイテーション映画よろしく、NワードやCワード等の言葉が激しく飛び交う。また先に書いたKKKのシーンもそのブラックスプロイテーションが影響を及ぼしているだろう。

「俺達黒人をしいたけるのは止めろよ」と若い男は年老いた男に言う。これは白人ではなく同じ黒人に向かって発した台詞。しかし年老いた男の本当の意図を知った時には、若い男は年老いた男のレガシーを継ぐ決意をする。そしていつか...世の中は変わるかもしれない。

(5/3/08:DVDにて鑑賞)