SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Bucktown / 日本未公開 (1975)

Cast >> Fred Williamson (Duke), Pam Grier (Aretha), Thalmus Rasulala (Roy), Tony King (T.J.), Bernie Hamilton (Harley), Art Lund (Chief Patterson), Tierre Turner (Steve), Morgan Upton (Sam), Carl Weathers (Hambone) ....
Director >> Arthur Marks
Writer >> Bob Ellison

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

The Rules of good ole Blaxploitation days
デューク・ジョンソン(フレッド・ウィリアムソン)は、兄弟のビンスの死んだ知らせを受けて、アラバマの小さな町にやってきた。ビンスは小さなバーを経営していて、そのバー等の相続には60日間かかりその間町に足止めとなった。ビンスの友人だったアレサ(パム・グリア)やハーレー(バーニー・ハミルトン)とスティーブに説得されて、ビンスのバーを再開するが、デュークは町の腐敗した警察官たちと対立し、友人のロイ(サルマス・ラシュララ)を呼ぶが...

デュークの敵が途中でガラリと変わる。そこから普通のブラックスプロイテーションとは一線を画し断然に面白くなる。対白人ばかりだった物より一層にドラマチックな部分が増える。それによってメッセージ性が強くなる。それでいて、ブラックスプロイテーションのお約束的な部分も失われていない。派手な爆発シーンやお色気シーン等「やっぱりー」という楽しみがある。また物語も単純であり分かりやすい。ブラックスプロイテーションのヒーローでありヒロインであったフレッド・ウィリアムソンとパム・グリアの共演は、それぞれが自分の個性を生かして光っている。それに脇を固める人々も印象に残る。バーニー・ハミルトンのアル中役も、人生に疲れ差別に疲れ酔いで誤魔化しながらも、反抗している姿が哀愁漂う。

それでいて最後には派手な銃を捨てて、素手で戦う男が2人。フレッド・ウィリアムソンの男のロマンを見る。

(5/3/01, 5/16/08:DVDにて鑑賞)