SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Cooley High / 日本未公開 (1975) ひゃぁくごじゅう〜本目

すいません3の倍数なのでアホになってます。ラストだし。

この映画も私の好きな映画の3本、いや5本の中には必ず入る作品です。最初の一こまから最後の一こままで全部好き。映画を好きになったのも青春映画というジャンルのお陰なんです。なので、青春映画マニア。自分がその青春を迎えている頃に好きだったのがジョン・ヒューズの映画。特に「プリティ・イン・ピンク」が好きだった。でも、共感出来るというよりも憧れの方が強かったように思える。日本なので、高校でプロムとか経験できないし、日本では家庭環境の違いってあそこまで影響しないし... 憧れが強かったからこそ、主役の女の子の真似をしていたように思う。所が、この映画は環境は違うけれど、物凄く共感が出来る。自分の中にもこの映画の主役の2人が宿っているというか... 勉強が大事なのも分かってはいるのだけど、友達とバカやる方が楽しい。いけないと分かっていても、楽しいからついついやってしまう... 私にだってそんな時期はあった。そういう自分を理解してくれるのが、やっぱり同じ時期を迎えていた友達。友達と何気ない会話をしたりして、一緒にいる事が好きだった。そして、お互い大人の振りしたりして... と、あの頃の自分に戻してくれるのがこの映画なんです。絶対に自分の高校の親友の顔を思い浮かべる事になると思いますよ。ついつい、その子に電話やメールをしたくなってしまう映画なんです。

これまた曲が映画にぴったり。全編モータウンサウンド。もう最後のフォー・トップスの「Reach Out I'll Be There」は、ベスト・オブ・ベスト。その曲調といい、歌詞といい、イメージといい、フォー・トップスの歴史といい... 全てがこの映画のラストとガチコンとぴったり決まるのだ。この曲、昔に日本の女性歌手がカバーして、全日空だがJALだったかのキャンペーンソングになりましたよね?何か旅立つというか、そういうイメージがあるんだと思うんですよね、この曲。この曲でプリーチは最後に走りだす。もう...ラストの内容とぴったり。

この映画は走るシーンも多い、それは故に青春映画だからだと思う。逃げるシーンが多いんですよね。まー、とにかく青春コメディ映画なので、笑えるシーンも多い。まー、挙げたらキリが無い。なにせ最初の一こまから最後の一こままで好きなんで... ワンシーン毎に語りたくなる。まー、でも2つだけ書かせて。

1つは街中でみんなでコーラスするシーン。このシーンが上に書いたフォー・トップスの歴史と被るというか... シカゴとデトロイトという違いはあるけれど、高校から友人のフォー・トップスもあんな感じで街中で歌っていたのかも??なんて思ってしまう。

そして階段でのイチャツキシーン。高校生なので自分の家がある訳じゃない。家には親や兄弟が居る。行き場のない高校生は階段でいちゃいちゃする。うーん、自分の高校時代を思い出すな... 私もなぜか階段でいちゃいちゃしてたわ。家に入ればいいのに(笑)

この映画は、その後にも多大なる影響を与えています。まずは、ボーイズ・II・メン。この映画で印象的に使われていた「It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday」をカバーしヒットしたのは誰もが承知の事。その曲が入っている彼らのデビューアルバム「Cooleyhighharmony」は、もちろんこの作品のタイトルから名づけられたもの。後、3−4年前だったかな?確かFUBUから、この映画の主人公の2人の絵のついたTシャツとかも売ってましたよねー。きっとみんな影響を受けていると思います。だってこのDVD、私じゃなくって夫が買ったんですもの...

ちなみにこの映画の脚本家であるエリック・モンテの自叙伝的な作品。プリーチ役がエリック・モンテって事になります。実際に「クーリー高校」も存在して撮影でも使われていましたが、今はありません。プリーチのその後の活躍がエリック・モンテの成功。でもそのエリック・モンテは、ここでもチラっと書いたのですが、今ホームレスセンターで生活しています。頑張れ、プリーチ!!

感想はこちら

(5点満点:DVDにて鑑賞)