SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Five Heartbeats / ファイブ・ハートビーツ (1991)

Cast >> Robert Townsend (Donald 'Duck' Matthews), Michael Wright (Eddie King, Jr.), Leon (James Thomas 'J.T.' Matthews), Harry J. Lennix (Terrance 'Dresser' Williams), Tico Wells (Anthony 'Choirboy' Stone), Diahann Carroll (Eleanor Potter), Harold Nicholas (Ernest 'Sarge' Johnson), Tressa Thomas (Duck's Baby Sister), John Canada Terrell (Michael 'Flash' Turner), Chuck Patterson (Jimmy Potter), Hawthorne James (Big Red Davis) ...
Director >> Robert Townsend
Writer >> Robert Townsend, Keenen Ivory Wayans
Producer >> Loretha C. Jones

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Bitter Sweet
ダック(ロバート・タウンゼント)、弟のJ.T.(レオン)、エディ(マイケル・ライト)、ドレッサー(ハリー・J・レニックス)、クワイアー(ティコ・ウェルス)の5人はボーカルグループとして、劇場で開催される大会に出演していた。最初は中々芽が出なかったが、彼らの才能に気づいたジミー(チャック・ポッター)がマネージャーにつくと、その才能を開花させていった。しかしエディがドラックやアルコールに溺れていき、メンバーを離れていった。そこからどんどんと問題が重なっていき...

ロバート・タウンゼントの作る暖かさ・優しさが大好きである。夢がある。必ず見た後には、いい気分になる。でもそれだけじゃない。人生の厳しさとか不条理さとかもちゃんと見せている上で、最後にはいい気分にしてくれる。人間ってやっぱりいいなって思わせてくれる。だからこそ、数々ある音楽やミュージシャンをテーマにした映画の中でも、この映画は私のトップ1である。もちろん、音楽の映画であるので、その音楽の楽しさも一杯だ。時代毎に少しづつ曲が変化しているのは、やはりこういうボーカルグループの歴史を感じて面白い。また作曲に行き詰まったダックが、妹と歌うシーンは何度見ても楽しい。音楽の素晴らしさを体現している。また、切羽詰まったエディがボロボロの姿でメンバーの前で歌うシーンは、やはりあまりにも悲しすぎる。この映画はやはり音楽によって活きている事を証明してくれる。

ロバート・タウンゼントの映画は甘いだけじゃない。酸いも甘いも噛み分けているからこその暖かさと優しさである。それが音楽と共に心地よく人々の心に染み渡っていく作品。

(Unknown, 3/31/08:DVDにて鑑賞)