SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Reet, Petite, and Gone / 日本未公開 (1947)

Cast >> Louis Jordan (Schyler Jarvis / Louis Jarvis), June Richmond (June), Milton Woods (Sam Adams), Bea Griffith (Honey Carter / Lovey Linn), David Bethea (Dolph the butler), Lorenzo Tucker (Henry Talbot), Vanita Smythe (Rusty) ...
Director >> William Forest Crouch

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

Something's Never Changed
ルイ・ジャービス(ルイ・ジョーダン)は、バンドリーダーでラジオ放送をしていた。その時、父が倒れた。すぐに駆けつけたが、父は亡くなっていた。父も元ミュージシャンで、遺産を残していたが、弁護士によって不正に遺書を書き直しをされて...

当時のルイ・ジョーダンの人気、そして影響力が伺えると思う。そして何と言ってもルイ・ジョーダンの魅力は、その音楽。その音楽がオープニングから十分に楽しめる内容になっている。また父もミュージシャンという設定なので、やっぱり音楽が絡んでくる。ミュージカル映画としては十分。
また当時としては珍しく女性の下着姿が出てくるのは、結構驚くと思う。また水着の女性も沢山出てくる。何となく今のミュージックビデオとそんなに変わらないのでは?とも思う。今だったら、女性団体が怒りそうなシーンもある。
ただ同年で同映画会社が製作した「Look Out Sister」よりは、編集等も丁寧で保存状態も良かったのかもしれない。映画のプロットもより親しみ易く分かり易い。

ルイ・ジョーダンのようないい音楽はいつの時代に聴いてもその良さは変わらないように、男性の嗜好はいつの時代も変わらないのかもしれない。

(3/2/08:DVDにて鑑賞)