SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Meet the Browns / 日本未公開 (1994) (Video) 131本目

3月21日からの映画版の公開が待ちきれず... 舞台版を鑑賞。予習の為にも。
でも映画の予告や、BETで放送していた映画スペシャルを見て思ったのだけど、映画と舞台はだいぶ内容が違うと思う。って、いつもタイラー・ペリーの作品はそうだけど... まず第一にアンジェラ・バセットが演じたブレンダという役は舞台版では存在していない。でも葬式でみんなが集まるというのは同じ。ジェニファー・ルイスが出演している。舞台版を見て、どの役を演じるのかすぐに分かった。ヴェラおばさん役。アル中で口から生まれてきたような人。でも、舞台版で演じていたのが...「ブラウンストーン」って覚えてらっしゃいます??90年代中頃に活躍した女性3人のボーカルグループ。マイケル・ジャクソンのレーベルMJJからデビューして話題にもなった人たち。その1人が演じているのだけど、見事にメイシー・グレイ。台詞でも思わず「このメイシー・グレイが!」と言われてしまう始末。
でもここでの主役はリロイ・ブラウン。マディアおばさんの隣人にして、彼女の娘コーラの父親でもある人物。ハチャメチャ。いつもジョーク言っているおじさんですが、教会で執事やってる人。舞台でのリロイの衣装は、自分で選んでいて、タイラーも任せているそうで、舞台に一緒に上がるまで何を着てくるか分からないそうだ。リロイの兄弟LBもリロイと同じ位にハチャメチャだし、妹がそのアル中で口から生まれてきたヴェラおばさん。ブラウン家の血筋は凄い。もちろん、お葬式だって一筋縄にはいきません。面白いのが、そんなハチャメチャな親なのに、彼らの子供の全員がみんな真面目でまとも。反面教師というか...
教会や聖書でのあるあるネタは、我々には分かり難い部分もあるかもしれないですが、それでもメッセージはちゃんと伝わると思います。

そうそう映画版「Meet The Brown」は、タイラー・ペリーの次回作になる「Madea Goes to Jail」の序章にもなるそうなので見逃せないですよ!また、タイラー・ペリーのシットコム「House of Payne」ともシンクロしてる感じだし、楽しみが沢山です。なにより、アンジェラ・バセットが主役ですからね!でも、相手役がラーメン頭リック・フォックスなのが気になる。なんでも、小さい頃から喘息でスポーツが全然駄目なタイラーがこの映画でバスケットが出てくるので、バスケットに詳しい人を探していた所、LAで偶然にリック・フォックスを車で轢きそうになり、その後またすぐ偶然にレストランで出会ってしまい、何かの縁を感じて(タイラー風に言えば神からのお告げと信じて)キャスティングしたそうだ。

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)