SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Little Richard / リトル・リチャード ザ・ロックン・ローラー (2000) (TV)

Cast >> Leon (Little Richard), Jenifer Lewis (Muh Penniman), Carl Lumbly (Bud Penniman), Tamala Jones (Lucille), Mel Jackson (Bump Blackwell) ...
Director >> Robert Townsend
Writer >> Bill Kerby, Daniel Taplitz
Producer >> Iain Paterson

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

The originator, the emancipator, the architect of rock & roll
ジョージアのメイコンで小さい頃から女性のオシャレを楽しんでいたリチャード・ペニマン(レオン)は父から怒られていた。しかし教会では持ち前の才能を発揮して聖歌を歌っていた。その教会でピアノで激しい曲を弾いて歌っているのを発見されて、牧師と父に激怒されて、アトランタに出た。皿洗いをしながら、クラブでピアノを弾いて歌っていた。リトル・リチャードと名乗るようになり...

リトル・リチャードが叫ぶように彼はロックの創設者で解放者で建設者である。それと同じようにこの映画を作ったロバート・タウンゼントは、音楽映画の枠組みを作った創設者で解放者であり建設者でもあるように思える。「ドリームガールズ」や「レイ」等のオスカー級の映画もやっぱり彼のこの「リトル・リチャード」や「ファイブ・ハートビーツ」の影を感じしてしまう。この映画を見ると「ドリームガールズ」も「レイ」も、少し物足りなさを感じてしまうのだ。それはきっとロバート・タウンゼントのその映画の題材となったミュージシャンへの愛だと思う。この映画ではリトル・リチャードを愛するからこそ、パンケーキ31やルシールとのエピソードがしっかりとしている。また父親との葛藤と愛、母親の無限なる愛はリトル・リチャードという人物像を形成している。
この映画での好きなシーンは、リトル・リチャードとパット・ブーンのレコーディングシーン。リチャードとチャック・ベリー、ボー・ディドリーが集まってパット・ブーンについて語っている映画もあるけれど、これは見事に彼等のその時の苦悩を分かりやすく、そして気持ち良い形で映像にしている。
また主演を演じたレオンは、映画で幾度もミュージシャンを演じているが、どの映画でもそのミュージシャンにしか見えない凄さがある。この映画では、私達が想像している完全なるリトル・リチャードの姿を演じている。他の映画では、リトル・リチャードとは全然タイプの違うデビット・ラフィンを演じていたりするのだ。

ロバート・タウンゼントのリトル・リチャードへの愛と尊敬を感じるからこそ、この映画を見終えた後は優しい気持ちになれる。そしてリトル・リチャードへの愛と尊敬もより一層感じてしまうのだ。

(Unknown:TVにて鑑賞, 11/08/08:DVDにて鑑賞)