SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Dreams from My Obama...

映画とは全く関係ない...いや関係なくもないけど... 政治のお話だけでごめんなさい。今日は昨日よりも忙しくて。

今日はバラク・オバマが人種と自分の宗教観を語るスピーチを次の対戦州となるペンシルバニアフィラデルフィアにて行った。

これが素晴らしいスピーチとなり、21世紀の歴史に残るスピーチと大絶賛。

中にはキング牧師の「I have a Dream」以来の記憶に残るスピーチとまで...

Organizing for Action

上のバラク・オバマのサイトにて映像と用意していた文の全文が英語ですが読めますので是非。

オバマには黒人と白人の両方の血が流れている事は誰もが知っている事実。

両方の抱えた問題点を鋭く分析している。

でも問題は人種だけじゃない。人種に拘った何かじゃない。

それを打開する人々を団結する事、そして様々な人種や宗教があるからこそ困難に立ち向かえる事。

こういう問題が浮き彫りになった今だからこそ変えられる...という事。

これこそオバマ!という素晴らしいスピーチ。

オバマの凄い所は、自分には両方の血が流れているけれど、だからこそ両方が分かるとも言ってない点。

確かに両方の血が流れている故の個人的な経験を述べた後ですら、混血児故の経験とも語っていない。

それとは別にアメリカ人である事を強調している点が素晴らしい。だからこそ、1つの人種の血しか流れてない人でも、

オバマの話を共有できるようになっている。

また「日曜の朝の教会がアメリカが一番人種で分かれている時間」という発言も彼ならではだったと思う。

オバマのスピーチを聞いた人たちの反応も中々興味深い。

「私は共和党支持者だけど...」や「ヒラリー支持者だけど...」や「ヒラリーやオバマに行ったり来たりだったけど...」という前置きの後に

みんな口をそろえて「素晴らしいスピーチだった」と感想を述べている。

もちろんこのスピーチによって全ての人の意見を変えた訳じゃないけれど、

誰の耳にも未だにアメリカには差別がある事を明らかにして、それを変えていく意思が多くの人にもあるという事が届いたと思う。

そして問題はそれだけじゃないって事も。

でもね、オバマの凄いのはこれは政治的なリップサービスでは無いという事。

政治家になる前に書いた「Dreams from my father」では既にこれらが語られている。今日は改めてみんなの耳に届くように発表した感じ。

まあ、何よりも人種と宗教というアメリカ人同士だって理解し難いややっこしい問題を避けて通らずに

自分の口からちゃんと語った...語れた事は素晴らしい事だと思う。困難にこそ立ち向かった、そんな感じ。