SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tsunami: The Aftermath / TSUNAMI 津波 (2006) (TV) 88本目

私が不治の病である「キウェテル・イジョフォー夢中病」を患っている事は以前に書いた通りなのですが、彼の出演映画を全部見たくなるという、かなりピークに来ているようです。

実はHBOで放送していたときにチラっと見たことはある。夫が見ていたので「面白いから一緒に見ようよ」とも言われたんだけど、途中からじゃなくって、どうしても最初から見たかったので我慢してました。普段は2時間をちょっと越えただけでも文句の言う私ですが、3時間一気に見れてしまう惹きつけられ度の強い映画でした。

今回のイジョフォー様は、ソフィー・オコネドーとの夫婦の役。それだけで見ごたえあると思いませんか??この2人だけでなく、色んな人のドラマが見れるんですが、やっぱりこの2人の物語が一番見ごたえあるというか、素晴らしかったです。2人の口論シーンは必見です。誰も責められない辛さみたいのってありますよね。また見てない辛さもある。あの状況では誰でも思いやりが欠けてしまうし、「それは言わない約束でしょ」という言葉だって出てきてしまう。それをも乗り越えなくてはいけない状況は、あの惨事をニュースなどで見ている以上に伝わってきます。

タイ人青年の物語も非常に悲しくなります。悪循環の中に入ってしまう青年。この青年がとっても心優しい真面目な青年だけに悲しくなります。

この作品、日本でも11月にNHKで放送されたらしいです。私の紹介が放送前に間に合えば、日本にも「キウェテル・イジョフォー夢中病」がもっと蔓延したかもしれない。すまぬ!

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)