SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Brother John / 日本未公開 (1971) 60本目

シドニー・ポワチエ VS ポール・ウィンフィールド♪
物凄いヘビー級な戦いです。
ポワチエがタイトルの主役で、ウィンフィールドは女好きの町のうだつの上がらない悪党でしたので、ウィンフィールドが完全に分が悪いですけどね。

感想書く時に自分の書いたトリビアを読んで、シャンプーハットのテツジのように「へー、そうなんだ!」とテンション高い笑いを浮かべながら驚いてしまいました。妙につくりがSFチックだなーって思っていたら、監督はスター・トレックの監督だった。なるほどでした。自分が書いたのに忘れてるなんて。

これがデスね、シドニー・ポワチエの数々の名作の中に残念ながら埋もれてしまった感じのある名作です。彼があんなに名作揃いの作品に出ていなかったら、埋もれる事なかっただろうに...

舞台が製作当時の70年代初期の南部のアラバマ。と言えば、公民権運動とか差別に関する事も当然ながら映画では描かれているし、差別する人とかも出てくるんだけど、主役のポワチエと町医者の白人の老人は飽くまでも同等の位置で描かれている。町医者は差別語を発する事もないし、ポワチエもわざと丁寧な言葉で返す訳でない。かと言って、町医者が黒人に同情している様子とかも特別ある訳でなく、ただ単にポワチエ演じたジョンのミステリアスな部分に魅かれている。しかも、そのポワチエ演じたジョンというキャラクターが面白いんです。興味深いんです。

音楽もクインシー・ジョーンズが担当してます。オープニングの曲は、サイモン&ガーファンクル調でしたけどね。彼等の曲もですが、何か「風」を感じる素敵な曲です。その「風」が映画でも重要なキーワードになる訳です。

感想は、こちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)