SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Why Did I Get Married? / 日本未公開(2006) (Video)

Cast >> Cheryl Pepsii Riley (Sheila), LaVan Davis (Poppy), Donna Stewart (Diana), Cordell Moore (Mike), Greg Stewart (Terry), Anthony Grant (Troy), Demetria McKinney (Trina), Beverly Faulks (Janice) ...
Director >> Tyler Perry
Writer >> Tyler Perry
Producer >> Tyler Perry

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Saved
家の主である父(ラヴァン・デイビス)は、妻に先立たれてから毎年自分の子供達が妻や夫を連れて帰ってくる週末を楽しみにしていた。息子のテリーと妻のダイアナは、問題はあったが、今は仲良く暮らし、テリーは事業を成功させ、ダイアナは弁護士として頑張っている。トロイは毎年違うガールフレンドを連れてくるが、いつも自分の妻にふさわしい人を探していた。だが、マイクとシーラは違った。マイクは事業を成功させていたが家庭を顧みず、相手にしてもらえない妻のシーラは寂しさから40キロも太ってしまったのだった...

タイラー・ペリーの作品は、映画ではキリスト色が薄くなりますが、舞台ではかなりキリストの影響が見られます。それだけに、映画よりも濃い内容となっている気がする。ちょっとした簡単な単語ですらキリスト教の影響が見られる。「Saved」も簡単な単語で、蓄えとか救済とかの意味がありますが、作品内ではキリスト教に深い言葉となっていている。でも一貫としてキリストの教えをそのままドラマにしているので、善と悪が分かりやすく、内容も掴めやすい。苦労に耐え、努力した者は救われる。でも、さすがタイラー・ペリー。そこにコメディの要素をたっぷりと含んでくる。有名な「マディアおばさん」の居ない彼の作品は笑いも知恵もあまり無い様に思えたのだが、この作品はマディアが出ないのにも関わらず、笑えるシーンも知恵も沢山ある。

タイラー・ペリーはいつも作品の中で「努力してさえいれば、何でも可能だ」という事を見せてくれる。一見おとぎ話に聞こえてしまうストーリーですら、庶民的な物語の中に上手く組み込ませて、私たちにその可能性を見せてくれている。この面白い物語は、私たち観客を幸せな気分にして救ってくれる。

(9/11/07:DVDにて鑑賞)