SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Watermelon Man / 日本未公開 (1970) 16本目

前にも見ているのですが、感想とか書き直したかったので再見。
メルヴィン・ヴァン・ピープルスのメジャー作品です。これがまたさすが!って感じで、オープニングとか非常にお洒落。黒人になった時に最初に映る体の部分とか、物凄くメルヴィンらしい洒落がきいていて好き。
でもまあ、見直すと良いことが沢山ありますね。前見た時には、脚本のハーマン・ローチャーの事など全然知らなかったし、マンタン・モアランドとかも良く分かってなかったし... 年取った分、知識も若干増えて面白さが増すのかも... 映画は中2で見始めて30才になってから楽しむものなのかも?嘘。偏見です。そのつど自分にあった楽しみ方が出来るのが映画だと思いますわ。
元々は主役にアラン・アーキンジャック・レモンを考えていたらしい。ジャック・レモンが演じてもそれなりに面白かったかもしれないが、そこはやっぱりメルヴィンの意地で主役はゴットフリー・ケンブリッジに。逆にメルヴィンとジャック・レモンの映画は見てみたかった気もするが、やっぱり実際に出来たら傷つく人は多いかもしれない。少なくともメルヴィンは傷ついた筈。その前に彼は監督降りただろうし。でも、ゴットフリーが演じたお陰で2重の意味で変身した時の悲劇が上手く伝わった訳。ま、でもその主役決定までも、メルヴィンとスタジオ側は相当に衝突した訳で... エンディングもかなり揉めたらしく、その結果あの「Sweet Sweetback's Baad Asssss Song/スウィート・スウィートバック」が生まれる訳で... メルヴィンは未だにあのエンディングが嫌いだそうだけど、結果的には「スウィート...」の伏線になった感じが伺えるあのエンディング、私は好きですけどね。

そんなメルヴィンの男気感じる感想は、こちら