SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Rufus Jones for President / 日本未公開 (1933)

Cast >> Ethel Waters (Mother of Rufus), Sammy Davis Jr. (Rufus Jones), Hamtree Harrington, Dusty Fletcher, Edgar Connor, The Will Vodery Girls, The Russell Wooding's Jubilee Singers
Director >> Roy Mack
Writer >> A. Dorian Otvos, Cyrus Wood

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

Sammy + Ethel = Entertaiment!!
ルーファス・ジョーンズ(サミー・デイビス・ジュニア)は、いじめられて家に帰ってきた。ママ(エセル・ウォーターズ)は、そんなルーファスを膝にのせて慰めた。「いつか貴方も大統領になるのよ」と。ママの子守歌を聞きながら、いつの間にか寝てしまったルーファスは...

7歳のサミー・デイビス・ジュニアが歌い踊ったデビュー作。今でこそ、ちびっ子天才エンタテイナーは珍しくないけれど、このサミーの姿を見るとやっぱり本物は違うなーと思う。7歳なのに素人ぽい所がまるで無い。目線から台詞まで、本物のプロ。今の子役達は、ただ大人びているだけで、本物のプロという感じはしない。そのママを演じたエセル・ウォーターズもこれまた凄い。ママのイメージにピッタリだし、歌う時は物凄く優しいママ。
確かにステレオタイプな場面もやたらと多い。けれど、エセルが歌っていた歌詞で、さりげなくギャンブル(ナンバー賭博)を批判しているようにも思えた。

ルーファス・ジョーンズが大統領になる... 社会的な映画じゃないし、それを目的に作られたとも思えない。完全にサミー・デイビスとエセル・ウォーターズの才能の楽しむ為の映画である。黒人の少年が大統領になる... その夢がファンタジーなエンターテイメントでしかなかったその時代を感じる。

(5/24/07:DVDにて鑑賞)