SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ブラックムービーの定義

フォレスト・ウィッテカーが監督した「First Daughter」が、9月24日から全米で公開される。
カテゴリーを「ブラックムービー」にした、わざと。私もだけど、簡単に「ブラックムービー」という言葉を使っている。でも、その定義が難しい。

①.ある人は、黒人が主役で出ている映画が「ブラックムービー」だと言うならば、この「First Daughter」は、ブラックムービーじゃない。

②.また違う人は黒人が監督をしている映画が「ブラックムービー」だと言うならば、この映画は「ブラックムービー」になる。

③.もっと他の人は、黒人が主役で黒人が監督している映画が「ブラックムービー」だとしたら、この映画はやっぱり「ブラックムービー」にはならない。このパターンの「ブラックムービー」なら、「フォクシー・ブラウン」や「カラーパープル」のような映画は、「ブラックムービー」にはならない。

70年代〜現在まで、この一番最後の③のパターンが多かったのが「ブラックムービー」。所が今は、今回の「First Daughter」みたいなパターンが増えているのだ。

④.監督は黒人だけれど、映画のテーマが全然「ブラックムービー」(本当は、ブラックエクスペリエンスと言った方がいいだろう)じゃない映画。

ちょうど今日また、たまたま見たのだけど、「学園天国/Whatever it Takes」もこのパターンなのだ。もちろん、最近公開された「キングアーサー/King Arthur」も。③がありえるならば、今回みたいなパターンが増えて当たり前だと思う。前にも書いたけど、監督が誰であろうと、素晴らしい「ブラックムービー」だって、過去には沢山存在する。それと同じように、これから新しい④パターンの素晴らしい「ブラックムービー」が存在してくるだろう。「学園天国/Whatever It Takes」とか、面白かったし...(同じ監督の作品で、①と②パターンになる「トリップ/Trippin'」も最高なのだ。)