SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

アメリカ国立フィルム登録簿

毎年25作品がアメリカ議会図書館に永久保存される映画が選ばれるが、今年もその25作品が発表となった。
今年は、「The Spook Who Sat by the Door / ブラック・ミッション/反逆のエージェント (1973)」と「Uncle Tom's Cabin / 日本未公開 (1914)」が選ばれた。

「ブラック・ミッション/反逆のエージェント」は、俳優としても活躍したIvan Dixon / アイヴァン・ディクソンが監督した作品。当時としてはまだ珍しかった黒人脚本家・作家のサム・グリーンリーが原作と脚本を手がけている。それについて詳しくは、以前のブログエントリーを併せて読んでください!音楽はハービー・ハンコックだよ。

そして「Uncle Tom's Cabin」はご存知の通り、南北戦争にまで発展したと言われている本が原作の映画化。今回登録簿入りした1914年以前にも、映画化はされているが、それまで主役のトム役を演じていたのが、黒塗りした白人俳優だった。この映画で黒人俳優としてトムを演じたサム・ルーカスは、ミンストレル出身で、この映画を撮影中に体調を崩し他界している。

‘A Christmas Story’, ‘Breakfast At Tiffany’s', ‘Slacker’ Make National Film Registry

大好きなアイヴァン・ディクソンの作品、しかもこの作品が選ばれたのが嬉しい!!しかし、ディクソンは凄い!俳優としても主演だった「Nothing But a Man / 日本未公開 (1964)」が既に1993年に登録簿入り。俳優として監督として別々の作品で登録簿しているのは、アイヴァン・ディクソンだけじゃないかな?調べてないから確定出来ないけど。凄い事よ。さすが私がその才能に惚れた人。アイヴァン・ディクソンは、黒澤明の映画で三船敏郎を見て俳優になろうと決心したんだよっていうのを、私が書いたファンレターに生前にそう律儀に答えてくれた人。人間としても素敵。天国に向かって叫びますよ、「おめでとうございます!!!」。