SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

映画秘宝 10月号

映画秘宝 10月号

8月20日(金)発売の映画秘宝 10月号にて、連載、『ニューヨーク1997』特集でのアイザック・ヘイズ、そしてロバート・ダウニー・シニア追悼文を寄稿しております。

連載では、アクション女優の歴史を長期で... と、書いておりましたが、いきなり脱線しております。が! 歴史を語る上で、どのように武道(マーシャルアーツ)がアフリカ系アメリカ人に広まったのかを知っておいた方がいいと思いますので、是非是非。アクション、特にマーシャルアーツが好きな方には、絶対に読んでもらいたいです。文では、ブルース・リーが...と、書きましたが、今日という日を迎えて改めて思うのは、千葉真一ブルース・リーと共に広めた1人ですね。アメリカでの昨日の反応を見ていると、絶対にそうです。尊敬されております。という訳で、今回の連載はソニー千葉に捧げます。

そして巻頭の『ニューヨーク1997』では、アイザック・ヘイズについて書いております。役名はデュークですが、デュークというより、The Dukeなので、(ニューヨークの)君主って感じです。本職はミュージシャンですが、映画では色んな役を演じてきました。なんていうか、デュークが一番アイザック・ヘイズぽさがあるなと思います。イメージ通りといいますか。改めて再見したけれど、やっぱりカッコいいですね! もう40周年かーという感じです。ちょうど続編の『エスケープ・フロム・L.A.』が25周年というハリウッド・リポーターだったかな? の記事を読んでいる時に執筆の依頼がやってきました。それRTしようかなと思ったけれど、匂わせになりそうなのでやめました。

なぜ私がロバート・ダウニー・シニアを追悼????? と、思われた方は是非記事を読んで頂けますと分かると思います。そういうことです。ロバート・ダウニー・ジュニアの父親ですが、それだけじゃない、監督として、そしてこの映画で追悼できました。安らかに。

表紙はスネークです! よろしくお願いいたします。