SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Cut Throat City / 日本未公開 (2020) 1772本目

ウェズリー・スナイプスxRZAならば...という後悔『Cut Throat City』

ウータン・クランのリーダー、RZAが監督を担当したハリケーンカトリーナが舞台のクライムストーリー!! って、!を2つもつけて煽ってみました。RZA監督と言えば、『The Man with the Iron Fists / アイアン・フィスト (2012)』。カンフー映画好きらしさがいい感じで出ていた作品でした。私は、そのカンフーとは関係ないウータン・クランのリーダーぽい『Love Beats Rhymes / 愛・ビート・ライム (2017)』も好きです。なので、この映画への期待度は高かったです。ウェズリー・スナイプスxRZAって期待しかないでしょう!!

ハリケーンカトリーナがやってくるというニュースが流れていた。漫画の才能があったブリンク(シャメイック・ムーア)は結婚し、ブリンクの幼馴染3人(デンゼル・ウィッテカー、デメトリアス・シップ、キーアン・ジョンソン)も祝福した。幾時が経ち、ブリンクは漫画を持ち込みをしたが認められず、カトリーナ後でブリンクたちの生活は一層苦しくなっていた。そんな中、4人はカジノを襲う計画をたてるが、それは街の悪党たちや警官を巻き込むことになり...

なんというか、まだこういう映画を作っているのか、とは思った。強盗映画、ハリケーンカトリーナ映画、どちらも多い。主人公が短絡的な映画も多い。それらの中には、良い映画も多い。けれど、この映画には、その良さがなかった。凄い豪華キャスティングで、その中でもT.I.やシャメイック・ムーアは好演しているのだけど、グッと心を掴まれるセリフやシーンはなかった。テレンス・ハワードのシーンは、浮世離れ過ぎてなぜか笑ってしまう。彼らが襲う場所も分かるんだけど、やっぱり良くないと、どうしても思ってしまう。観る者たちの良心が、この映画への評価を厳しくしてしまうだろう。どうせなら、ウェズリー・スナイプス演じるヒーローが、ハリケーンカトリーナの影響で悪巧みをする悪党たちをマーシャルアーツでバタバタと一網打尽する映画をRZA監督で見たかったと思ってしまう。

(3.5点/1772本目)
www.blackmovie-jp.com