SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Whitney / ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ (2018) 1735本目

ただ歌うことが好きだった人が変わるまで『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』

ホイットニー・ヒューストン。2012年に他界してから、もうすぐで8年が経とうとしている。毎年、グラミー賞前にはホイットニーを思い出すようになった。熱狂的なファンという訳ではないが、ファーストアルバムは良く聴いた。当時というより、その後になってから良く聴いた。スーパーボウルでのアメリカ国歌はよーーく覚えているし、何しろ『Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)』が好きだった。だからやっぱりあの日は衝撃を受けた。後年は色々なバッシングも多かったけれど、その日を境にそれらを見るのが辛くなった。やっぱり彼女の歌は好きなので、そういった遺してくれたものを大切にしていきたいと思う。今回は、ホイットニー・ヒューストンドキュメンタリー映画。『The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)』のケヴィン・マクドナルドが監督。

ホイットニー・ヒューストンが初めて人前で歌を披露した映像が流れ、そして「歌を歌うことが大好きなの」とあどけなさが残るはにかんだ笑顔でホイットニーは語っている。歌手であり母であるシシリーは、ホイットニーという名前は白人が主演のシットコムの登場人物が由来だとカメラの前で話してくれている。歌手として成功を収めたホイットニー・ヒューストンの人生が語られていく。

何となくデジャヴである。『Whitney: Can I Be Me / 日本未公開 (2017)』というホイットニー・ヒューストンドキュメンタリー映画を先に見ていたせいだろう。歌手としてデビュー、その後成功し、ボビー・ブラウンに出会い結婚、出産、映画での成功、ボビーvsロビン、麻薬関係、バッシングのこと...と、内容も同じ人物を追っているので当然の如く似ている。ただ、『Whitney: Can I Be Me』の方は遺族が公開差し止めを求めたという点が大きく異なる。こちらの作品には、親族であるパトリシアが制作者として参加しているので免れたのであろう。そして『Whitney: Can I Be Me』の方が素のホイットニーが垣間見られる。想像以上に豪快で愉快なホイットニーが見れて、私はより好きになった。何というか、『Whitney: Can I Be Me』の方がホイットニーを身近に感じられたし、ホイットニーにとって大事な音楽関係の話も面白かった。こちらは、親族が参加した分、上辺な部分も多いかと感じてしまった。こちらを先に見ていたら、また違った感じに思えただろう。

(3.75点:1735本目)
www.blackmovie-jp.com