SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Whitney / ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ (2018) 1735本目

ただ歌うことが好きだった人が変わるまで『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』

ホイットニー・ヒューストン。2012年に他界してから、もうすぐで8年が経とうとしている。毎年、グラミー賞前にはホイットニーを思い出すようになった。熱狂的なファンという訳ではないが、ファーストアルバムは良く聴いた。当時というより、その後になってから良く聴いた。スーパーボウルでのアメリカ国歌はよーーく覚えているし、何しろ『Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)』が好きだった。だからやっぱりあの日は衝撃を受けた。後年は色々なバッシングも多かったけれど、その日を境にそれらを見るのが辛くなった。やっぱり彼女の歌は好きなので、そういった遺してくれたものを大切にしていきたいと思う。今回は、ホイットニー・ヒューストンドキュメンタリー映画。『The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)』のケヴィン・マクドナルドが監督。

ホイットニー・ヒューストンが初めて人前で歌を披露した映像が流れ、そして「歌を歌うことが大好きなの」とあどけなさが残るはにかんだ笑顔でホイットニーは語っている。歌手であり母であるシシリーは、ホイットニーという名前は白人が主演のシットコムの登場人物が由来だとカメラの前で話してくれている。歌手として成功を収めたホイットニー・ヒューストンの人生が語られていく。

何となくデジャヴである。『Whitney: Can I Be Me / 日本未公開 (2017)』というホイットニー・ヒューストンドキュメンタリー映画を先に見ていたせいだろう。歌手としてデビュー、その後成功し、ボビー・ブラウンに出会い結婚、出産、映画での成功、ボビーvsロビン、麻薬関係、バッシングのこと...と、内容も同じ人物を追っているので当然の如く似ている。ただ、『Whitney: Can I Be Me』の方は遺族が公開差し止めを求めたという点が大きく異なる。こちらの作品には、親族であるパトリシアが制作者として参加しているので免れたのであろう。そして『Whitney: Can I Be Me』の方が素のホイットニーが垣間見られる。想像以上に豪快で愉快なホイットニーが見れて、私はより好きになった。何というか、『Whitney: Can I Be Me』の方がホイットニーを身近に感じられたし、ホイットニーにとって大事な音楽関係の話も面白かった。こちらは、親族が参加した分、上辺な部分も多いかと感じてしまった。こちらを先に見ていたら、また違った感じに思えただろう。

(3.75点:1735本目)
www.blackmovie-jp.com