SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

The Black Godfather / ブラック・ゴッドファーザー:クラレンス・アヴァントの軌跡 (2019) 1734本目

業界支持率100%男『ブラック・ゴッドファーザークラレンス・アヴァントの軌跡』

こういう人って本当に凄いよね。一般人にはあまり知られていないけれど、その業界内では知らない人はいない的な。業界支持率100%みたいな。そういうのって凄いカッコいいですよね。あの第一戦の人たちが尊敬している人。今回は、音楽業界で絶大な信頼を得て尊敬されている「ブラック・ゴッドファーザー」ことクラレンス・アヴァントのドキュメンタリーを。監督は、『House Party / ハウス・パーティ (1990)』や『Marshall / マーシャル 法廷を変えた男 (2017)』のレジナルド・ハドリン。Netflixにて配信。

ミュージシャンのビル・ウィザースは語る。「クラレンス・アヴァントがドアを開いてくれたんだ」と。2013年に開催されたBET Honorsでは、ハリ・ベリーやチャカ・カーンと共に名誉賞を受賞。バラク・オバマ前大統領もアヴァントの事を良く知っており、「ストリート・スマートな人物だ」と語る。

50年代から音楽業界に足を踏み入れ、マネージメント能力を徐々に発揮していって頭角を現し、ビル・ウィザースのような人物の才能を開花させたクラレンス・アヴァント。表立って出てくる人ではないので、一般の人にはあまり知られていない。でも担当アーティストがグラミーとか何かの賞を受賞したら必ず名前が上がる人だろう。クラレンス・アヴァントの凄さは、このドキュメンタリーに出演して語ってくれた人たちの凄さが物語っている。ビル・ウィザースもそうだし、オバマ前大統領、ビル・クリントン前大統領、クインシー・ジョーンズ、ジム・ブラウン、ハンク・アーロンシシリー・タイソンライオネル・リッチー...などなど、その活躍&影響力は音楽業界だけに留まっていなかったことが分かる。

このクラレンス・アヴァントという人物が本当に面白く興味が沸いた。サセックス・レコードの名前の由来とか笑いました。結構口悪い。でも魅力に溢れているので、許される。そして50年代からの音楽業界の裏話が聞けるのも最高です。人脈が半端ないのもあるので、色んなところに繋がっていくのも楽しかった。マイケル・ジャクソンクインシー・ジョーンズとか映画『ET』とかは鳥肌(そりゃ今日使った写真でQ御大が指差すわー!)。ジム・ブラウンが映画に出るようになったという話にも、このクラレンス・アヴァントが絡んでいたとは。『シュガーマン 奇跡に愛された男』も、そうか、そうだったのかー、そういえばそうだね!と。そしてなんといってもこれ。あの『Save the Children / 日本未公開 (1973)』にも絡んでいたとは!!もうそれだけでもクラレンス・アヴァント、ぶっちぎりの優勝です!

(4.75点:1734本目)
www.blackmovie-jp.com