SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Don't Let Go / 日本未公開 (2019) 1715本目

時空を超える限界『Don't Let Go』

デヴィッド・オイェロウォとストーム・リードが出演のホラー/スリラー映画。なのだけど、何だか違和感がある。オイェロウォとリードの作品なのに、あの人の名前が見当たらない。そう、『When They See Us / ボクらを見る目 (2019)』のエヴァ・デュヴァネイ監督ですね。2人は、デュヴァネイ監督のミューズ。オイェロウォは、『Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)』に出演し、『Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』では主役のキング牧師を演じた。ストーム・リードは子役として活動していたが、『A Wrinkle in Time / リンクル・イン・タイム (2018)』にてデュヴァネイ監督に主役に抜擢されている。『ボクらを見る目』でもコリーの彼女役で出演してますね。そんな2人が、今回はデュヴァネイ監督を離れ、ジェイコブ・エステス監督作に挑んだ作品。エステスはハリウッド版『ザ・リング/リバース』の脚本家の1人。最近ではホラー映画といえば...となったブラムハウス制作。

映画を観たあと、迎えにくる筈だった両親が来れず、近所に住む伯父で刑事のジャック(デヴィッド・オイェロウォ)に電話するアシュリー(ストーム・リード)。2人は仲良く、ダイナーで食事をした。後日、再びアシュリーから電話を受けたが、様子が変で途中で切れてしまった。嫌な予感がしたジャックは、アシュリーたちの家に向かう。そこで悲劇が待っていた。自暴自棄になるジャックだったが、刑事として事件を追及していこうとする。すると、アシュリーから電話が掛かってくる。掛かってくるはずなどないのに。混乱するジャックだが、それから度々アシュリーから電話が掛かってきて、事件の真相に少しずつ近づいていくが...

ツイッターで先に書いてしまいましたが、アメリカでは映画『オーロラの彼方へ』の緩いリメイクだとか言われております。でも私は、去年辺りにフジテレビで放送されていた『シグナル 長期未解決事件捜査班』に近いと思った。いや、そのフジがリメイクした韓国の『シグナル』に近いのかもしれないけれど、私はそれは見ていないので何とも言えない。つまり、過去と送信する系のファンタジー/スリラー作品ですね。『オーロラの彼方へ』の方はよりファンタジーでロマンチックだった印象がある。今回のこの作品は、そんなファンタジーぽい所を残しているけれど、どちらかというと『シグナル』の事件を解決していくスリラーぽさが強い。でも結末は、この作品が一番ファンタジー。だから、最後が「あれ?」となった感じもする。でも、俳優たちの熱演が見どころ。というか、見てしまう。

時空を超える難しさと限界を感じた。

(4.25点:1715本目)
www.blackmovie-jp.com