SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Jacob's Ladder / 日本未公開 (2019) 1714本目

眼福コンビが長所を封印し、ガッツリ見せるサスペンス『Jacob's Ladder』

ウィル・パッカー制作、マイケル・イーリー主演。と言ったら、『Takers / テイカーズ (2010)』とか『Think Like A Man / 魔法の恋愛書 (2012)』でお馴染みですね。ウィル・パッカーは最近コメディで当ててますが、元々はサスペンス/スリラー系の映画が得意な人。以前、女性が主役のサスペンス系も書きましたが、女性主役だけじゃなく、なぜかこのサスペンス系映画ってブラックムービーに多いんですよね。マイケル・イーリーとモリス・チェスナットがその主役の座を争っている感じです。マイケル・イーリーに関しては、今年はすでに『The Intruder / 日本未公開 (2019)』にも出演しております。まーああ多い。なのですが、これは意外と...

アフガニスタンの砂漠地帯にあるアメリカ軍基地内で、ジェイコブ(マイケル・イーリー)はビールを飲みながら、妻サム(ニコール・ベハーリー)とスカイプで会話していると、サムから妊娠した知らせを受け、喜んだが、回線が悪く切れてしまった。そして、すぐに救急で基地内に運ばれてきた人物が居て、ジェイコブは仕事に戻った。血だらけで運ばれてきたのは、ジェイコブの兄弟アイザックジェシー・ウィリアムス)だったのだ。様々なフラッシュバックがジェイコブを襲う。そして何か月か経ち、ジェイコブスはアメリカのアトランタで退役軍人の病院で働いていた...

と、これ、ティム・ロビンス主演の同タイトル『ジェイコブス・ラダー』(90年)のリメイクなんです。ティム・ロビンスの方は、もう何十年も前の映画で、その頃に観た記憶はあるのですが、記憶はかなりぼんやりしております。でも、リメイクと明らかに違うのが、割りとその元になっている旧約聖書の創世記「ヤコブのはしご」に近く、兄弟の軋轢も描いているということ。ティム・ロビンスの方は兄弟出てきてましたっけ?出てなかった気がするんです。その兄弟をマイケル・イーリーとジェシー・ウィリアムスという、黒人俳優では珍しいブルーアイズ・コンビが演じていて、中々面白かった。眼福コンビですが、そのイケメンぷりに頼ったこの手のサスペンス系映画にありがちなセクシー系じゃなくて、ガッツリと物語を見せたのが良かったですね。彼らの長所を封印したら、意外と良い作品になった!という不思議な作品。最後の最後まで、どっちなのー!どっちなのーーー!とハラハラです。最後は意外とアッサリなんですが、でも切ない。とても切ない。最後の最後にあの人があの人を抱きしめる(ネタバレなので)のですが、私も抱きしめてあげたくなった。切ない人生だなーと。でも体も精神も色々と蝕まれた彼にとっての天国への門は、ああするしか見つからなかったのかもとも思う。

戦争なんて全く必要ない!と、切なくさせるサスペンス/スリラー作品です。そんな所が他にはない作品となった。

(3.75点:1714本目)
www.blackmovie-jp.com