SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Martin Lawrence: Doin' Time / 日本未公開 (2016) (TV) 1506本目

マーティン・ローレンススタンダップコメディライブの映像。今も全米を周るツアー中。前作の『Martin Lawrence Live: Runteldat / マーティン・ローレンス ザ・ライブ (2002)』から14年ぶり!!!という事で、映画での活躍の方が多くて、スタンダップコメディは久々!の印象なんです。けど、面白かった!やっぱり流石ですわ。

今回、ネタの90%は下ネタ。う○ちにオナラにエロと中学生か!という位、下ネタが過ぎております。まあでも笑っちゃうんだよねー。ビル・コズビーのプディン(コズビーはJelloというプディン&ゼリーのCMでも有名。プディンはプリンともまたちょっと違う。ムースとプリンの間というか...)最高だった!でもそれよりも面白かったのが、50歳になったマーティンの中年あるある。「知らないうちにCMのジングル歌っている」に爆笑してしまった。確かに歌っている、私も。この時の選曲が面白い。そして更にそれよりも面白かったのが、オバマ大統領ネタ。オバマ大統領に会った時の話。「で、トミーの仕事は何なんだ?」と聞かれた話。トミーとは、マーティン・ローレンスが主役の90年代伝説のシットコム『Martin』の友人トミー。彼はいつも仕事していなくて、彼の仕事は何だったんだ?と今でもネタになる。そのトミーを演じていたトミー・フォードが先日惜しくも他界。そのタイミングもあって、私は泣きながらも笑ってしまった。しかしこのオバマ大統領ネタは、本当にネタで事実ではない。でも最高だよ。

マーティン・ローレンスは形態模写が本当に上手い!日本の落語では、扇子を使って蕎麦を食べたりという形態模写がありますが、スタンダップコメディではマイクを使って形態模写する事が多い。マーティンは黒人コメディアンの中でも1・2を争う位に上手い!今回は特にキレキレでした。

前作でもそうでしたが、冒頭や終り後で真面目に語ってます。笑ってしまいます。きっと本当は真面目な人なんだろうなーって分かる。コメディに対して凄く真面目。エディ・マーフィを見に2時間も車を走らせたという話が好き。あと伝説の『スター・サーチ』でのマーティンも少し見れてお得です。若い!細い!!声も細い!

後、最後にケンドリック・ラマーとかアイス・キューブが出てきてマーティンについて少し語ってました。『団塊ボーイズ』で共演したティム・アレンジョン・トラボルタまで!ジョン・トラボルタは、自撮りのようでボタン押した所が見えてました。自撮りのトラボルタ、カワユス。スターなのに自撮りとか。ふふふ。
(4点)
Martin Lawrence: Doin' Time / 日本未公開 (2016)