SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

We Are Your Friends / WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ (2015) おまけ

ザック・エフロンの音楽青春映画3部作の1作と言っても過言じゃないと思う。今回はEDMのDJ役。で、タイトルのようにザックの”ウィー・アー・ユア・フレンズ”は3人居る。4人の青年が、ハリウッドサインの裏側・向こう側になるサンフェルナンド・バレーに住んでいる。彼らはLAで一番美味しい寿司が食べられるのはサンフェルナンド・バレーだと信じている。ザック・エフロン演じるコールはDJで有名になる事を夢見ていて、友達のメイソンはコールのマネージャー、もう1人は俳優、スクワレルは何かくすぶっているけど、”俺たち、いつか今よりも良くなるのかな?”と思っている。そんな時に、コールはかつて人気のベテランDJのジェームスに出会って、アドバイスを貰うが...そのジェームスの若いガールフレンドを好きになっちゃって...というね。そのガールフレンド役の子が本当に可愛くて、可愛くて... 物語は結構古いタイプの青春映画ではあるのだけど、その古い使いつくされた枠に、EDMという新しさを持ってきた所が新鮮で面白いですね。それにしても、ジェームスはお酒飲まなきゃ良い人っていう典型的な人でした。成功する人って面倒見もいいよね。アメリカの場合。(4点)
元インストラクターの美的感覚とパワフルな日常