SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Confirmation / 日本未公開 (2016) (TV) 1469本目

世紀のセクハラ問題と言われたアニタヒルvsクラレンス・トーマスの全米を巻き込む大騒動となった物語をTV映画化。主演のアニタヒルにはTVシリーズScandal / スキャンダル 託された秘密 (2012-Present)』のケリー・ワシントン、トーマス役にはベテラン俳優で『Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)』等のウェンデル・ピアース。この問題はもう3作目。アーネスト・ディッカーソン監督のやはりTV映画『Strange Justice / 正義と真実 (1999) (TV)』や、アニタヒルを追う割と最近制作されたドキュメンタリー『Anita: Speaking Truth to Power / 日本未公開 (2013)』がある。掘り下げればもっとあるかもだが、気が付くだけでこんなにある。それだけアメリカ人を引きつけた問題だ。しかしこれ、裁判ではないので、誰が勝ったとか負けたとかない。元々は、勇退する黒人初の最高裁判所の判事サーグッド・マーシャルの後釜にジョージ・H・W・ブッシュ大統領が任命する事になったが、その賛成票と反対票を民主党共和党が争っていた事から始まる。共和党は自分たちの大統領を支持して賛成票を集めたい、民主党は何とか失脚させたい...という両者の争いがあった訳だ。民主党側がトーマスの身元を探ると、どうも女性たちの支持を受けていない、しかもセクシャルハラスメントの疑いがあり、その女性の名前が判明した。しかし問題の行為から10年も経っていた。女性は大学教授となり立派に暮らしていた。が、トーマスがサーグッド・マーシャルの跡を継ぐのに適切なのか?女性は立ち上がる事を決意する。その女性がアニタヒルだった。『スキャンダル』の時にも書いたけれど、政治の世界は一番エロい。権力を好む物は好色大好き。女性もみんな俺のもの!的な考えがあるんでしょうね。でも告発までに10年掛かった事が足かせとなり、クラレンス・トーマスは僅差で指名される事になった。というのを演技の面も含めて割とオーソドックスに描いておりました。そして時代が時代だけに、今や副大統領となったジョー・バイデンが多めに描かれている(演じたグレッグ・キニアがそっくりで笑えるレベル)。そしてトーマスの妻が献身的な感じに描かれているけれど、あの人も相当だからね!アニタヒルのドキュメンタリーでは、トーマスの妻がヒルに残した留守電が聞く事が出来るのだけど、最低な女性です。という訳で、今の所はアニタヒルのドキュメンタリーが一番面白い。リック・ファムュイワ監督は流石に上手いな!新しいな!と思う所は沢山あったけれど、自分で脚本書いた方が絶対ーーーーに面白い。今回は脚本がイマイチでしたね。面白い脚本が書けるTVシリーズ『American Crime Story』で取り上げたら絶対に面白くなる筈!とは思ったのが正直な所。(3.75点)
Confirmation / アニタ 〜世紀のセクハラ事件〜 (2016)