SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Ballerina's Tale / 日本未公開 (2015) 1442本目

そういえば、先日放送された第47回NAACPイメージ・アワードのエンターテイナー・オブ・ザ・イヤーにミスティ・コープランドがノミネートされていたんだよね!(受賞者はマイケル・B・ジョーダン!)って位、この映画の題材となっているバレリーナのミスティ・コープランドは黒人の間で人気。感想にも書きましたが、バレエなんて1ミリも知らない私ですら、彼女の名前を知っている位ですし。凄い事ですよ!そんな人気のミスティを、映画監督としても活躍する音楽ジャーナリストのネルソン・ジョージが追ったドキュメンタリー映画クラウドファンディングキックスターターにて資金集めされ、実現。

バレエの神童と言われたミスティ・コープランド。しかし、身体に恵まれた訳ではなかった。胸が大きく黒人独特の筋肉に恵まれた身体は、逆にバレエをするミスティにとっては致命傷であった。しかし15歳で大きな賞に輝き、その後にNYの名門アメリカン・バレエ・シアターに入団。ミスティは絶対的な才能で人種のバリアを取り除いていく。そして彼女にはプリンシパルになるという大きな夢があった...

いやー、カワ(・∀・)イイ!!私服とかもカワ(・∀・)イイ!!とにかくカワ(・∀・)イイ!! でも可愛いだけじゃなくて、芯がしっかりしていて、本当に素敵な女性だった!どうやら両親共にミックスらしく、ミスティ自身もライトスキンではある。ミスティは黒人のバレリーナである事にこだわりと誇りを持っている。「黒人ダンサーである事にこだわり過ぎると良く言われる。でもそれが私だし、私の物語の重要な部分なの」といきなり冒頭で語っていたのを聞いて、もう惚れましたね!

でもそういう女性だからこそ、色んな人々が支援してくれる。ミスティが入団したアメリカン・バレエ・シアターのスーザンという重役の人とかもそうだし、黒人バレリーナのパイオニアの1人レイヴン・ウィルキンソン とかもそう。わざわざミスティに会いに来て励ましてくれるんだから。フィアンセも素敵ですねー。ミスティの大きな看板の所でみんなで乾杯する時の音頭が最高だった!あれは器のデカい男ですよ。なんでも俳優テイ・ディグスの従兄らしい。器はデカいし、男前だし、最高じゃないですか!そんでこの映画のラストが良いんだ。このフィアンセが絡んできます。

しかしミスティを巡って母親とコーチの間で親権裁判が行われた事がある位なのですが、そこは一切描かれていない。結構凄い裁判なんですよ。まあ結局は両者ともに訴えを破棄したんですけどね。この事は、割りとミスティの人生で大きな影響を及ぼした筈だけど描かれていない。まだ本人は癒えてないのかもしれないですね。ネルソン・ジョージ的にもそういう事より、ミスティの成功とその影響の方を描きたかったんでしょうね。で、その後にNYへ移動する訳です。ってね、その前というか、ミスティが本格的にバレエを始めたダンス教室、私が昔住んでいた所のすぐ近く!映像で出てきた時にあれ?見た事ある!と、あー、やっぱりそうだーーーー!!って私が住んでいた頃は、もうミスティは居ない時期ですけどね。あの辺ではチュチュ着た可愛いちびっ子たちをたまに見たわ。っていう所でテンション上がりました。

それにしてもやっぱり筋肉が凄い!とくに太もも!レギンス履いていた時があったけれど、太ももに目がいった!セリーナ・ウィリアムスとかも太もも凄いよね。黒人はふくらはぎが凄いとずっと思っていたけれど、太ももにもその強さの秘密がありそうだなって思った。そして確実に他のバレリーナよりも女性らしく色っぽくて艶っぽい分、なんか表情や表現が切なくてキュンキュンする。バレリーナはペチャパイが良いとされているようだけど、実は違うんじゃねえ?と思いました。

感想やオフィシャルサイトなどはこちら

(4.25点/5点満点中:2/3/16:DVDにて鑑賞)