SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Keanu / 日本未公開 (2016) 1472本目

んもう、とにかくカワ(・∀・)イイ!!ニャンコ先生😹!ひょんな事から、振られたばかりで落ち込んでいた男の前に現れ、キアヌ(ハワイの言葉で涼しい風。もちろんあの!)と名づけられたニャンコ先生。その男をとにかく癒した。が、部屋に強盗が入り、なぜかキアヌだけが奪われた!という事で、落ち込む男を心配している従兄弟と共にキアヌ探しに疾走。キアヌは町のギャングになぜか飼われていた。2人は別のギャングを装い、ギャングに侵入してキアヌを探すが...っていうコメディ。キアヌは可愛いだけじゃなくて、アクションも 猫一倍頑張る!凄いキレがあったので、ウェズリー・スナイプスかよ!と思う位。このキアヌが猫一番の役者だね。こちらもとても癒される。そのキアヌと同じ位、映画のいいアシストをしていたのが、ジョージ・マイケルの曲。ギャングの人たちがジョージ・マイケルを知らなくて、どんどん好きになっていくのが笑った。黒人の間にも色々なギャップや違いがあって、それを笑っているのが心地いい。主役は、ジョーダン・ピールキーガン=マイケル・キー。と書いた所で日本では無名。アメリカではコメディセントラルにて『キー&ピール』というコント番組で有名になった2人。アメリカのコメディアンはスタンダップコメディと呼ばれる、所謂一人でやる漫談が主流。ほぼ99%が一人漫談。だけど、たまーーに、本当にごくたまーーーーーーーにコンビが居る。コメディ創世記のバート・ウィリアムスとジョージ・ウォーカーもコンビだったし、80年代にはティム・リードが白人とコンビを組んでいた。デフ・コメディ・ジャム時代にも居た(名前失念)。でもキー&ピールは、コンビである事にこだわっていないと思う。たまたま2人で番組始めただけで、これからはコンビで出るのは少なくなるかも?元々一人ずつだったし。という訳ですが、コンビで初主演がこの作品になりました。特別ゲストも最高に笑えるよ!良い人達だなーって。とにかく劇場でゲラゲラ笑いました!(4.5点)
Keanu / キアヌ (2016)