SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Save the Children / 日本未公開 (1973) 1437本目

年末・お正月に日本に帰省した時に頂いた作品。「観て下さい!」と言われると嬉しいですよね。最近は「これ観て貰いたいんですよ!」とか「早く感想が聞きたい!」とか言われるのが一番嬉しいですね(全私が泣いた)。本当にありがとうございます。でも私、渡された時にタイトルだけではピンと来ず、キョトン(´・ω・`)としていたと思います。ごめんなさい。家に帰ってきて、自分のサイト見て思い出しました!スタン・レイサンの作品じゃないですか!説明しよう...スタン・レイサンとは女優Sanaa Lathan / サナー・レイサンの実の父で、ラッセル・シモンズのデフ・レコードが90年代にTV放送して人気を席巻した『デフ・コメディ・ジャム』の監督でもある。この映画のように70年代は前衛的な映画を撮りつつ、あの『セサミ・ストリート』の幾つかのエピソードも手掛けた映画監督である。そのスタン・レイサンがバリバリに前衛的だった時代に撮ったドキュメンタリー作品。公民権運動家のジェシー・ジャクソンが発足したPUSHがシカゴで5日間イベントを開催し、そこに集まったミュージシャンのコンサート記録映画である。

「I am Somebody(私も人である)」という熱いジェシー・ジャクソンの叫びから始まる。タイトルの通り「子供たちを救おう」という志を持ってシカゴで開催されたエキスポ。会場の周りでは大手企業から黒人企業家たちのブース、そして会場内ではR&Bシンガーやグループ、そしてジャズミュージシャンからゴスペルから牧師までと様々なエンターテイナー達が盛り上げる。映画タイトルにもなったマーヴィン・ゲイの「Save the Children」をピアノと共に熱唱する。5日間に渡ったエキスポの熱い記録映画だ。

感想でも書いたが、ジェシー・ジャクソンの「I am Somebody」のスピーチで始まるのは、なんとあの『Wattstax / ワッツタックス (1973)』と丸被り!びっくりした。調べたら両者開催の差はおよそ1か月だけ!『ワッツスタックス』は1972年8月20日、この映画のイベントは1972年9月27日-10月1日。ジェシー・ジャクソンのこのスピーチは2度も重要な所で言っていたからというのもあって、ジェシー・ジャクソンはこのスピーチの印象が強いんですね!そしてこのようなイベントが1か月の間に2回もやっていたなんて、やっぱりこの頃の黒人の間は熱かったんだなーと思いました。「ブラック・イズ・ビューティフル!」

でもお楽しみはやっぱり音楽のパフォーマンス!マーヴィン・ゲイからカーティス・メイフィールド、ビル・ウィザースにサミー・デイビス・ジュニアまで!コーラスグループも多彩で、テンプテーションにシャイ・ライツにオ―ジェーズ!なんだかすごいラインアップ。最近のコーチェラなんて目じゃないね!今だったら、ビヨンセにジェイーZ夫妻にリアーナにケンドリック・ラマーにドレイクにクリス・ブラウンが出て、ゴスペルからはドニー・マクラーキンとかヨランダ・アダムス、更にスティービー・ワンダーが出て来ちゃう感じ?志を高くした(良い・最高時の)BETアワードみたいな?いやもっと凄い気がする。いやー本当に凄いんだ。

サミー・デイビス・ジュニアにとにかく感動した。残念ながら映画ではカットしてあるんだけど、説明するとサミー・デイビス・ジュニアはこのコンサート前にニクソンへの支持を表明して、黒人の間で不評だった(今で言うなら最近ラッパーのチンギ―がドナルド・トランプの支持を表明して酷評された)。サミーが出てきた時にはかなりのブーイングを受けた。サミーは思わず涙してしまい、会場をジェシー・ジャクソンが鎮めた。そしてここからはこの作品で見れるのだけど、サミーが「政治的な見解の相違があってもいい。でも俺が黒人だという事は誰も奪う事は出来ない」と言って歌い始める。「俺は俺のままでいるしかないんだ(I've Gotta Be Me)」というあの名曲を全身全霊で歌う。ボロ泣きですよぉおおお!!

そしていつだってカッコいいクールなビル・ウィザース。物凄い熱狂した後のゴスペルの後(5日間のイベントをつなげたので実際の出番は違うかもしれない)。ウィザースはあの「リーン・オン・ミー」を熱唱。歌う前に「歌いたかったら一緒にどうぞ!」とウィザースが言ってくれたので、DVD鑑賞だけど私も一緒に歌わせてもらいました。いや本当にいい曲だよなーと感動していたら、ウィザースが最後にも一言。「25年前だったらさ、こうやって黒人が一つの場所に集まる事(すら出来ず、集まれば集まったで脅され嫌がらせされるので)なんて、俺たちが怖くて出来なかったじゃない?だからこうやって集まれるだけでも良いよね!」と。いやー、本当にこのお方はいつだってカッコいい!!大事な事なので太字にしました。

っていう繰り返しね。マーヴィンとかカーティスとかアイザック・ヘイズとか曲の選択もカッコいい。選曲もそれぞれに意味がある。深ーーーいね。それにしても、この時代は本当に熱い。そしてカッコいい。

点数を減らしたのは、カットが多いのが残念だったから。まあ5日間をギュっと編集したから監督のせいではないんだけど...

そしてホームページの方のサントラリストは私の力作です!実際のアルバムとして出たサントラ盤はカットされている曲が多いので、映画で歌った(一部使った)曲を全部リストアップしました!ネットで探したけれど、全然出てこないので、誰か褒めてくださいー。

こんな貴重な作品をありがとうございました!!っていうか、こんないい作品を貴重にしておくのは勿体ないと思いますよ>各メディア会社の皆さま。

感想などはこちら

(4.75点/5点満点中:1/22/16:DVDにて鑑賞)