SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Soul Power / 日本未公開 (2008) 667本目

観たかったんですよね、ずっと。やっとDVDになりました。
この映画の主役はやっぱりポスターにも載っているソウルブラザー・ナンバーワンのジェームス・ブラウンだと思います。ラストとか滅茶苦茶カッコいい。ステージを降りてから、楽屋までカメラは追っているんですが、やっぱりパフォーマンスが終わった後はゆっくりしたいじゃないですか?でもカメラは追っている。嫌な顔せずにサービスするんですよね、JBは。でもやっぱり早くカメラに出て行って欲しいじゃないですか... その催促の仕方がジェントルマン。巧すぎです。大人の対応なんですよ。

と、この映画の説明を。若い頃から黒人解放運動に積極的だったモハメド・アリネイション・オブ・イスラムに加入、そして「べトコンは私のことをニガーなんて呼んだ事がない」とベトナム戦争への徴兵を拒否して、ヘビー級王座を剥奪され、世界ボクシング協会での4年間の試合を禁止させられた。その復帰戦となったのが、ジョージ・フォアマンとの一戦。ドン・キングが両者に5億円を払う事を約束。当時のザイールの大統領モブツ・セセ・セコが多額のファイトマネーを用意して行われたのが、後に「キンシャサの奇跡(英語ではThe Rumble in The Jungle)」と呼ばれたザイール(現コンゴ)でのキンシャサでの一戦。この戦いで、モハメド・アリが王者として復活し、多額のファイトマネーを外国の大統領に用意させ成功させたドン・キングが一躍有名となった。この映画では、その「キンシャサの奇跡」と一緒に、アメリカの音楽をアフリカへ!との事でザイールで開催された「ザイール74」という音楽祭典のドキュメンタリー。音楽祭は、ジェームス・ブラウンやスピナーズ、ビル・ウィザース、BBキング等のソウル&ブルース音楽家から、セリア・クルース等のラテンミュージック、そしてミリアム・マケバ等のアフリカの音楽家やザイールのローカルなミュージシャンが勢ぞろいして3日間に渡って行われた。その当時の様子をドキュメンタリーとしております。面白かったのは、ザイールまでの飛行機の中かな。みんな歌って踊っております。BBキングもギター片手に嬉しそうに弾いてます。BBキングといえば、飛行機降りた瞬間から女の話しかしてないのが笑った。

でもやっぱり主役はモハメド・アリなのかな??彼が話すともう釘付けになってしまいますね。モハメド・アリドン・キングジェームス・ブラウンが揃うと、ビートたけし明石家さんまタモリが揃った感じ(いや、アンタッチャブルの山崎が3人居る感じ)。濃い3人で語るのが印象的。もう誰にも止められないですね。その中でもやっぱりアリが話し上手。「ニューヨークなんて、ここ(ザイール)よりもよっぽどジャングルさ」と話します。彼が映っていると主役だなって思ってしまうんです。子供のあやし方とかも上手いし、突然ピアノを弾いたりと、飽きさせません。

ビル・ウィザースは本当に一人クールな感じ。ジェームス・ブラウンが「このムーブメント」と語ったように、何か歴史が作られる熱みたいのをみんなから感じるのですが、ウィザースは一人クールに分析してます。そしてママ・アフリカ事ミリアム・マケバが魅力的!さすがにママ・アフリカと言われるだけあって器が大きい。進行上のトラブルで突然変えなくちゃいけないトラブルに巻き込まれたマケバは「みんなのために仕方ないわね」と優しい語り口なのです。

「ブラック・パワー」を叫んだストークリー・カーマイケルもこのムーブメントに参加。何かあの時代の熱とか雰囲気が感じられる作品でした。最後もあのジェシー・ジャクソンの「I am Somebody」だしね。

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにてシャウトしながら鑑賞)