SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Creed / クリード チャンプを継ぐ男 (2015) 1429本目

とある人々は『ロッキー』(ノω・、) ウゥ・・・って名前を聞いただけで泣ける。私もその一人だ。壮絶な戦いの中、そして裏で、『ロッキー』には様々な死があった。思い出しても泣けるのは、やっぱりミッキーの死であったが、その次はアポロ・クリードである。ジェームス・ブラウンの曲で華々しいスター性を感じる登場で、ロッキーを圧倒していたアポロ・クリード。ロッキーの最大の敵であり、最高の親友であった。アポロのスター性はロッキーをよりアンダードッグなヒーローにした。今回はそのアポロの隠し子(アポロが生きていたら隠すつもりは無かっただろうけど)が活躍するスピンオフ的な作品。『ロッキー』の1作目から39年目に公開。インディペンデンスながら大絶賛された『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』の主役を演じたマイケル・B・ジョーダンが、アポロの息子アドニスクリードを演じ、同作品監督のライアン・ク―グラーが監督。そして『ロッキー』と言えば、やっぱり音楽もですよねー。

1998年ロサンジェルスの青少年矯正施設で喧嘩が起きた。まだあどけない少年アドニスは馬乗りになって、別の少年を叩き続けた。アドニスに会いに来たのが、メアリー・アン(フィリシア・ラシャド)。アドニスはその女性をソーシャルワーカーだと思ったが、メアリー・アンはアドニスの情報を良く知っているようだった。アドニスの母が若くして亡くなってしまった事など。アドニスはメアリー・アンに「俺には父さんはいない」と告げた。そうすると、メアリー・アンはアドニスに信じられない事を告げた。「居るのよ。私はその貴方の父の妻だったから」と。名前は?と尋ねるアドニス。そして時は経ち、2015年。アドニス・”ドニー”・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)は、アメリカとの国境近くのメキシコのティファナのリングに居た。難なく勝って勝負強さを見せていた。しかしその12時間後にはちゃんとしたオフィスでアドニスは真面目に働き昇進も打診された。しかし何かアドニスの中で燃え滾るものがあった。母代わりとして育ててくれたメアリー・アンにボクシングをしたいと告げるも、メアリー・アンはアポロをリングで喪った事があり猛反対されてしまう。かつてのアポロのトレーナーであるデュークの息子(ウッド・ハリス)が継いでいるジムにお願いしに行くが、やはり猛反対され拒否される。アドニスは、ロサンジェルスを離れ、フィラデルフィアに旅立つ。かつての父のライバルであり親友のロッキー(シルベスター・スタローン)を訪ねるが...

もうヤバいでしょ?みんなに反対されるけれど...の展開なんて、もうロッキーでしょ?ところで、『フルートベール駅で』の主演と監督コンビなので、その映画が評価されたから、『クリード』に抜擢!だと思っていたのですが、2人の色々なインタビューを読んでいたら、それは違うらしい。『フルートベール』を撮っている時には、ライアン・ク―グラーの頭にこのアイデアがあって、ジョーダンに話していたので、ジョーダンはその頃から本格的にボクシングのトレーニングを始めたとの事。そしてク―グラー監督のお父さんが『ロッキー』の大ファン。監督のお父さんは大柄なんだけど、『ロッキー』を観る度に泣いてしまうらしい。という事で、監督のお父さんは私たちと同じ「とある人々」に属する。そして監督自身も学生時代にフットボールをする前に自分を鼓舞する為に『ロッキー』を何度も観たという。そんな2世代の『ロッキー』オタクの愛が詰まっている作品である。先に書いたように、これはもうロッキーなんですよ!でも、これはクリード家の物語であり、その個性は半端ない。アポロ父さんのような圧倒的なカリスマ性とスター性、それだけじゃなくて昔よりも頑固になったロッキーに惚れられるだけの魅力をアドニスは持っている。ロッキーを「Unk(オヤジ、叔父貴)」と呼んで怒られないのは、アドニスだけでしょう!家にも押しかけたりと、アドニスによるロッキーの巻き込み方がとてもチャーミング。というのが、ロッキーとは違う魅力かなーと。いや、ロッキーもチャーミ...

そして個性と言えば、さりげなくアンダーグラウンドな黒人文化を入れてきた所も個性。さりげなーくね。例えば、アドニスとバイカ―たちが追走するシーン。黒人のオフロードバイクは『12 O'Clock Boys / 日本未公開 (2013)』などでも知られる最近の流行り。『12...』は、ボルチモアだったけど、ボルチモアフィラデルフィア(フィリー)は近いから、フィリーでも流行っているのでしょう!

トレーニングの仕方がアナログな所がロッキーぽい!と思ったり、色々とロッキーじゃん!と思うんだけど、全然違う所もある。ネタバレになるのでこことここがとか細かく書けないけれど、あのロッキーとは同じ所とそうじゃない所の部分のチョイスが上手い。さすがロッキーオタクだなと思わせてくれる。上手いなと思ったのが、アポロと言えばジェームス・ブラウン!(あのシーンは絶対にアメリカの強さと派手さを表現した最高のシーン!)という事で、あの曲がリミックスされたのが登場曲かな?と思ったら、そうじゃない!2パックなのだ!最高にピッタリでカッコいい。そういう外し方が上手いんだ、この映画。でもロッキーのいい場面でロッキーぽい曲のアレンジだったりと、これまた入れ方が上手い。やっぱり音楽でもヤラレる。ロッキーなんだなっとしみじみ。

という訳で、いろんなネタがあり全部書きたい所ですが... この辺で。とにかくあの『ロッキー』ではある事は間違いない!だって観たら絶対に熱くなるもの!最後ずっと泣きますもの!!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトなどはこちら

(号泣で5点満点!:11/27/15:劇場にて鑑賞)