SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

No Good Deed / 日本未公開 (2014)

Cast >> Idris Elba (Colin), Taraji P. Henson (Terry), Henry Simmons (Jeffrey) ...
Director >> Sam Miller
Writer >> Aimee Lagos
Producer >> Will Packer
Genre >> Thriller
Country >> USA

総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 3

Bloody Deed in sexy way
コリン・エヴァンス(イドリス・エルバ)は、過失致死罪で5年の刑に服し、仮出所の申請をしていたが審議の結果駄目になった。刑務所に戻される途中、コリンは脱走。アトランタに居た。盗んだ車で女性を追っていた。追っていた女性はコリンの元フィアンセ。彼女はコリンの事など待っていなかったのだ。そして、コリンは嵐の中、また車を走らせる。しかし途中で操作を間違え、車はスリップして木に衝突。歩いた所、見つけた家がテリー(タラジ・P・ヘンソン)の家だった。テリーにはジェフリー(ヘンリー・シモンズ)という弁護士の夫が居て、自身も検事であったが、今は2人の子供に恵まれ、主婦として家に居たのだった。電話を借りたいとコリンは、テリーの家をノックしたのだった...

家に見知らぬ人がやってきて起こるサスペンス映画。そのジャンルが割りとオーソドックスに描かれている。でも他とは決定的に違うのが、主演のイドリス・エルバが最高にセクシーだという事だ。もちろん、そのエルバの最大の武器をこの映画では大いに利用している。彼のその色気なしにはこの映画は成立しなかったであろう。そこが最大の見物であり、クライマックスである。故にサスペンス映画最大の盛り上がりとなるラストの種明かしは、若干弱い。もう一ひねり、二ひねりあっても良かった。というか、観客はエルバが演じた主人公がどうして刑務所に行く羽目になったのか?もっと知りたい所である。それがこのドラマに関係していたら、もっともっと面白かった筈。とは言え、エルバがビヨンセと共演し、同じ制作陣で作った『オブセッション (2009)』よりは、全然普通に面白い。エルバとタラジ・P・ヘンソンの雰囲気が最高だ。

イドリス・エルバみたいなセクシー男が突然自分の家のドアをノックしてきたら?女性にとってのファンタジーでハーレークインみたいな世界がサスペンスとなっているのであった... 女性の皆様、イドリス・エルバみたいな人がドアをノックする事はまず無いので目を覚ましましょう!エルバも台詞で言ってました。「思い上がるなよ!」と。

(1/7/15:DVDにて鑑賞)